「ビジネスマナー 〜基本編〜」


ビジネスマナー 〜基本編〜名刺のマナー
名刺のマナー
挨拶・お辞儀
敬語
会話術
席順

初めての人と会ったときに行なう名刺交換。マナーをしっかり守って、良い印象を与えたいものです。
少なくとも「礼儀を知らない失礼な人!」と思われないように気をつけましょう。 ここでは、知っておきたい名刺の渡し方とマナーについてご紹介します。


事前の準備

いつでも名刺を渡せるように、名刺入れに入れておきます。名刺入れは黒色か紺色の皮製のものが無難です。財布や定期入れと兼用だと、粗末に扱っているという印象を与えてしまいます。
仕事に出かける前には、名刺を切らさないように枚数のチェックします(名刺入れの中はもちろん、増刷の手配も早めに行ないましょう)。
また、名刺は上着のポケット、かばんの中など出しやすいところに入れておきましょう。端が折れたり汚れた名刺は相手に失礼です。きちんと保管して、きれいな状態を保ちましょう。

名刺の受け渡し方のポイント

1対1の場合
 
自分から先に名乗り挨拶をします。マナーとしては目下の者、あるいは訪問した方から先に差し出すのが原則です。但し、常に自分から先に出すという心遣いでいたほうが良いでしょう。
上司や先輩など自分の目上の人と一緒の場合
 
目上の人に続いて挨拶をします。あせって先にしてしまわないよう注意して下さい。大勢いる時など時間がもったいない気もしますが、マナー違反にあたるので順番に気をつけましょう。
必ず立って交換する
 
テーブルを挟んで渡すのはマナー違反にあたりますので、必ずテーブルの横に出て名刺の受け渡しを行ないます。
名刺を受け取ったら
 
原則は両手で渡して両手で受け取ります。受け取ったらよく目を通します。できればその場で名前を復唱して確認すると良いでしょう。


名刺の整理と記憶法

名刺はいくつかのカテゴリーに分類し、それぞれのホルダーに分けます。ここでのポイントは名刺を溜め込まないで、絶えず入れ替えを行なうことです。 たくさんの名刺がある場合は、パソコンに保存するのも良いでしょう。その人の趣味、家族、誕生日などを入力しておけば、バースデーカードを送るなど、きめ細かいアプローチが可能となります。