賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

花の楽しみ方

ガーデニングTOPへ

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの基礎知識と造り方、メジャーなアレンジメント作品をご紹介します。あなたの好きなお花を使ってフラワーアレンジメントを楽しんでみましょう。

準備編

用意する物

フラワーアレンジメント

□花材
□花器(カップ、食器、カゴなど)
□吸水性フォーム
□ハサミ

水切りのしかた

水揚げ

花材は水切りをしておきます。吸水面が広くなるように茎は斜めに、水の中でカットします。
ハサミは切れ味の良い物を使いましょう。切れ味が悪いと茎がつぶれてしまい、傷みの原因になります。
カットした花はなるべく深い容器に入れて充分に水揚げ(※)させましょう。

※水揚げ
植物が水を吸い上げる働きを助けるために行なう処理のこと。

吸水性フォーム

吸水性フォーム

吸水性フォームは樹脂を発泡させた物で、アレンジメントで一般的に使われています。
一見、スポンジのようですが、ちょっと固くて保水性の高い素材です。使い方は、アレンジを始める前に器に合わせた大きさにナイフでカットし、たっぷりの水につけます。このとき、上から押さえつけてはいけません。水を吸いながら自然に沈んでいくのを待ちましょう。
吸水性フォームは、アレンジや花材の量によってサイズを変えましょう。サイズが大きい程、花を挿す面がたくさん取れるので、ボリュームのあるアレンジに仕上がります。花器に籐などのカゴを使う場合は、水が漏れないよう、セロファンでフォームの上部以外をくるんで使いましょう。

実践編

フラワーアレンジメント

できあがりのイメージを紙に描いてみましょう。置き場所、背景などを一緒に描くとイメージが膨らみます。

基礎知識

アレンジメント注意点

器に吸水性フォームを入れて面取りし、水を注ぎます。水揚げさせた花材をカットし、余分な葉を落としながら挿していきます。
フォームに挿す部分の茎の長さは花材にもよりますが、およそ2〜3cm程度です。迷って何度も挿したり抜いたりすると、フォームは穴だらけになり花がきちんと留まらなくなります。注意しましょう。

アレンジしてみよう

アレンジしてみよう

最初にメインとなる大きめの花を挿します。これが正面になります。そしてメインの花を際立たせるように、他の花材を、それぞれ色や表情をじっくり見ながら思い思いに挿していきましょう。
茎の動きがユニークな花材は動きやリズムを楽しみます。ふわふわと小花をちらしたようなものは優しい雰囲気をプラスしてくれます。ところどころにグリーンをあしらえば、空間を埋めるとともに花の色彩を引き立ててくれます。
また、あらかじめシダのようなグリーンを挿してフォームを覆ってしまえば花材が少なくてもきれいな仕上がりになります。
完成したアレンジは、フォームが乾燥しないように時々水を与えると、長く楽しむことができます。

作品ギャラリー

小物を工夫したアイデアアレンジメントや、マスターしたい基本のアレンジメントまで様々なアレンジメントを紹介します。


バスケット

バスケット

お気に入りのバスケットに季節のお花をアレンジ。バスケットの形状に合わせてフォームを考えてあります。

グリーンアレンジ

グリーンアレンジ

白いバラを中心に集め、 オウギ ヤシをくるりと巻いて大きなリボン風に。

リボンアレンジ

リボンアレンジ

バラやカーネーションなどの赤い花のみでアレンジ。同色のリボンを締めてシックに仕上げて完成。

ボールブーケ

ボールブーケ

花嫁が持つボールブーケ。まんまるの形になるよう意識して。グリーンが立体感をアップ。

ボックスアレンジ

ボックスアレンジ

ボックスにアレンジするとお洒落に仕上がります。持ち運びでき、そのまま飾れるので手土産に最適です。

トライアンギュラー

トライアンギュラー

花1本1本の向きを意識して、アウトラインのきれいな二等辺三角形に。マスターすれば、応用で様々なアレンジが楽しめます。