賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

植物の育て方の基本

ガーデニングTOPへ

水やりの正しいタイミング

植物を健やかに育てるためには、水や肥料をタイミング良く正しい方法で施す必要があります。ここでは、ガーデニングでの正しい水やりのタイミングと方法、肥料の与え方などをご紹介します。

基本は水やり

基本は水やり

植物の手入れの基本は「水やり」です。一見、簡単そうに見えますが、植物の生育の度合いを左右する大切な作業です。タイミングや方法を間違えると、花が咲かなくなったり、枯れてしまう恐れもあります。

水やり次第で植物は育つ

水やり次第で植物は育つ

植物は水の量が少なすぎると、成長が遅くなったり、花が咲かなくなったりします。その一方で、土が乾かないうちに水を与え続けると、根の先端部に異常が生じて水分を吸収できなくなる「根腐れ」と言う状態に陥ってしまいます。根腐れを起こしてしまうと、植物の成長がストップするだけでなく、枯れてしまう恐れもあります。
このように植物は、水やり次第で元気に育ったり、枯れてしまったりするため、正しい水やりのタイミングを身に付けることが大切です。

土が乾いたときがベストタイミング

土が乾いたとき

水やりのタイミングは、土が乾いたときがベストです。土の表面が白っぽく変色してきたら、水切れのサインです。土の色では判断がしづらい場合には、土を手で触って乾いているのを確認すると良いでしょう。
また、植物の葉を軽くつかんでみて、葉が潤った状態であれば、水やりは不要です。一方、少しでもしんなりしていたら、水やりが必要となります。「1日に何回」と杓子定規に決めず、土や葉などの乾き具合に応じて行ないましょう。

成長期と休眠期で水やりは異なる

成長期と休眠期

植物は、成長期と開花期に水を多く吸収しますので、こまめに水やりを行なう必要があります。
また、休眠期には、水の吸収が少なくなりますので、水やりの間隔を長くすると良いでしょう。