賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

ブライダルガイド

結婚準備 基本の流れ「婚約」

1.両親への紹介

二人の思いがひとつになって結婚を決心したら、まず、お互いがそれぞれの両親に結婚することを伝えます。なかなか話しにくいかもしれませんが、勇気を出して真剣に伝えれば、きっと心から喜んでくれるでしょう。両親の承諾を得たら、次にそれぞれ相手方の両親にパートナーになる人を紹介します。

紹介の仕方は、家に呼んだり、どこかで一緒に食事をしたりなど、自然に話ができるようにするのが良いでしょう。どうしても緊張する場面ですが、なごやかな雰囲気となるよう、色々打合せをしてスムーズに話が進むように段取りを考えておくと良いでしょう。訪問時は、手土産を持っていくことも忘れずに。

「両親への紹介」のイラスト

2.予算の設定
「予算の設定」のイラスト

いざ結婚となると現実的な問題としてお金が必要になります。結婚式の費用だけでなく、ハネムーンの費用、結婚後の新居・生活への準備費用など、様々なものにお金が必要となります。二人で用意できる総額を基準に、それぞれどのように費用を配分していくかを考えましょう。

最近では挙式・披露宴の費用を抑えて、新生活への準備にウエイトをおく人が多くなっています。また、思い出づくりとなるハネムーンに費用をかける人も少なくありません。何に費用をかけるかを二人で十分に話し合って、心から喜べる結婚式にしましょう。


3.式場選び

ある程度結婚式の日取りが決まったら、式場選びとなります。式場によってそれぞれ特徴があり、自分たちが希望する挙式・披露宴のスタイルや予算、招待客数などに合わせて選びましょう。以下に式場別の特徴を紹介します。

主な式場の特徴


4.ブライダルフェアの見学
「ブライダルフェアの見学」のイラスト

結婚式場などでは年に数回「ブライダルフェア」というイベントを催しています。このイベントでは、披露宴の料理やドレスなどの衣裳、会場のコーディネイト、引出物の見本など、挙式・披露宴に必要な事柄を見たり体験できたりします。

ウェディングドレスの試着や料理の試食会など、あらかじめ予約が必要なものを除けば基本的に誰でも見学でき、入場料も無料です。

また、各種相談も受け付けており、この機会に結婚やハネムーンなど色々疑問点を尋ねてみるのも良いでしょう。デート感覚で気軽に参加しましょう。


5.結婚・結納等の準備

婚約をひとつの儀式として行なうのが「結納」です。結納は各地で風習やしきたりがあるため、決まった形はありません。正式な結納から、両家顔合わせの食事会、婚約指輪を交換するだけというスタイルまで、様々な形があります。本人たちで勝手に決めず、家族と話し合って、親戚を含めた皆が納得できる方法を考えましょう。

男性は結納に向けてエンゲージリング(婚約指輪)を用意します。エンゲージリングはよく「給料の3ヵ月分」とか言われていますが、決してそれにとらわれずに、無理をする必要もありません。指輪と同時に相手方の両親、兄弟にも贈り物をすることが慣例となっています。

「結婚・結納等の準備」のイラスト

6.新生活についての話し合い
「新生活についての話し合い」のイラスト

結婚が決まると、新しい生活についても考えなければなりません。現代は核家族化が進み、結婚したら家を出て自立することが普通になっています。しかし、親が同居を望んだり、自分たちが親を世話しなければならない場合もあります。

また、結婚後も働く女性は今では珍しくありません。仕事の問題や結婚後の出産・育児など、将来的なことも含めて、自分たちの考え、親の意向を双方の両親とよく話し合う必要があります。

同居、別居を問わず、本人たちと親の考えが異なったまま話を進めると、後々トラブルに発展することもあるので、両家で納得がいくように考えましょう。


7.仲人の依頼

仲人は結婚の使者であると共に立ち会い人、証人も兼ねていますが、最近では仲人不在の結婚も増えているようです。結婚後はお互いの家族や親族との付き合いが始まるわけですから、家族の意見や希望、地域の慣習なども考慮して、仲人の有無を決めましょう。

仲人をお願いする場合は、誰に、どのような形で依頼するかを、家族を含めて話し合います。仲人の候補者としては、会社の上司や個人的に親しい目上の人などが多いようです。依頼したい人が決まったら、手紙か親しい人なら口頭で打診するのが一般的です。内諾を得たら、二人でお礼の挨拶に出向きます。

内諾を得て正式に依頼するときは、双方の両親が同席してきちんとした形でお願いします。
ちなみに「仲人」とは縁談から結婚式までの両家の間をとりもち、まとめる役の人のことで、「媒酌人」とは挙式、披露宴で立ち会いをしてくれる人のことを意味します。それぞれ別の人でも構いませんが、普通は仲人と兼ねる場合が多いようです。