賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

ハネムーンガイド

新婚旅行 基本の流れ「出発時・機内」

1.到着

飛行機を降りて空港に到着したら「Arrival」のサインに従って入国審査に向かいます。一緒に降りた人たちに知らずについて行くと、トランジット(乗り換え)の乗客だったりすることもあるので注意しましょう。

また、最終目的地への乗り換えの場合は、「トランジット」と「トランスファー」があります。

「到着」のイラスト

2.入国審査
「入国審査」のイラスト

カウンターの係官にパスポートと入国カードを提示します。入国目的や滞在期間などを聞かれたり、復路の航空券の提示を求めたりする国もあれば、パスポートを簡単に確認するだけの国もあります。

一般的には入国審査書類とパスポートを提出し、所持者が本人かどうか確認します。パスポートにカバーをしている場合は、取り外して渡すようにしましょう。

入国カード

入国カードとは、他国へ入国する際に必要となる書類で、入国する本人に関する情報や、入国後の滞在先などの情報を記入します。このカードは飛行機の機内で配付され、空港にも置いてあります。
入国カードは、原則として自分の署名以外は入国する国の言語で記入することになっています。記入の仕方が分からない時は、キャビンアテンダントや添乗員、空港の係官に尋ねれば教えてくれます。

記入事項としては、氏名、生年月日、国籍、性別、現住所、パスポート番号、航空会社名と便名、搭乗地、ビザ発行都市、発行年月日、滞在先住所、署名(サイン)などです。


3.荷物の受け取り

「Baggage Claim」のサインに従って進み、自分が搭乗してきた飛行機の便名が表示してあるターンテーブルで荷物を受け取ります。

もし荷物が出てこなかったり、破損していたりした場合は、「Lost&Found」のカウンターに申し出ましょう。

「荷物の受け取り」のイラスト

4.税関
「税関」のイラスト

現金やタバコ、お酒などを各国の規定量以上に持ち込む場合は、赤いライトの「Declare」(申告が必要)のラインに並び、機内で配られて記入しておいた「税関申告書」をカウンターに提出します。

また、申告するものが無ければ、緑のライトの「Not Declare」(申告不必要)のラインに並びます。申告する物がない人も税関申告書の提出が必要となります。

税関申告書

税関申告書とは、入国に際し現金やタバコ、お酒などを各国の規定量以上に持ち込む場合に、何をどれだけ持ち込むかを申告するものです。申告せずに持ち込んだことが発覚したり、申告漏れがあると課税される場合があるので、正確に記入しましょう。
税関書類には、持ち込む物品の名称と数量及びその金額などを記入します。入国カードは、入国者が各自で記入しなければなりませんが、税関申告書類は家族で1枚の場合が一般的です。


5.入国

手続きが終わり最後のゲートを通過したら、ようやく入国となります。
ここからは入国した国の法律となりますので、各国のルールを守り、楽しい旅行にしましょう。
もし、到着地の通貨を用意していなかった場合は、空港内の両替窓口に向かい現地通貨に両替をしましょう。ただし、空港内にある両替所のレートは、市内の銀行よりレートが高くなるのが通例です。

空港で両替する場合、国によって多少事情が異なりますが、土・日・祝日及び夜間は銀行は営業していないため、金曜の夜間から日曜に到着した場合は、少し多めに両替しておいたほうが無難でしょう。
平日の昼間に到着すれば、わずかな金額だけにしてあとは銀行で両替したほうが得です。

両替の際に一定の手数料を徴収されることがありますので、あまり少額だとレートが悪いのに加えて手数料が必要となります。両替前にレートと手数料の確認をしておくと良いでしょう。

「入国」のイラスト