賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

出産・育児

出産・育児TOPへ

赤ちゃんの中耳炎

赤ちゃんの中耳炎

乳幼児の病気で、意外と多いのが耳のトラブルです。中でも、「中耳炎」は、風邪を引いたときに併発しやすい病気で、何度もかかる子も少なくありません。
赤ちゃんの中耳炎についてご紹介します。

中耳炎とは?

中耳炎とは?

「中耳炎」とは、鼓膜の奥にある中耳に、細菌が入り込んで炎症を起こす病気です。中耳と鼻の奥は、耳管という細い管と繋がっているため、風邪やインフルエンザにかかったあとなどに、感染しやすくなります。
特に、生後6ヵ月〜1歳半ぐらいの赤ちゃんは、中耳炎にかかりやすいようです。免疫力がまだ弱いために風邪を引きやすく、また大人に比べて、耳管が太くて短いため、中耳に細菌が入りやすいのが、その理由です。

中耳炎の症状

中耳炎の症状

主な症状としては、鼻水やうみが鼓膜の内側に入って炎症を起こすため、耳の痛みが起こります。赤ちゃんの場合、自分で痛みを訴えることができないため、「機嫌が悪くなる」「ミルクをあまり飲まなくなる」「耳を触ろうとする」などの様子が見られることがあります。それでも、なかなか症状に気付きにくいため、風邪や熱のあとは、注意深く様子を見てみましょう。悪化すると、耳だれ(うみ)が出ることもあります。

こんな症状に要注意!

  • 微熱が続く
  • 耳を痛がる(耳を触る)
  • 機嫌が悪い
  • 黄色い鼻水が出る
  • 寝つきが悪い
  • よく泣く

中耳炎の治療方法

中耳炎の治療方法

主に抗生物質の飲み薬や点耳薬による治療を行ないます。じきに、炎症や痛みがやわらいできますが、ここですぐに薬をやめないようにします。中耳炎が慢性化する原因となることがあるので、医師の指示に従って服用させましょう。完治させておかないと、分泌液が耳に溜まってしまい、聞こえづらくなる「滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)」になることがあります。
また、うみが溜まる程悪化した場合は、鼓膜を切ってうみを出す治療法があります。鼓膜はすぐに再生するので、聴力に影響はありません。またうみを出してしまうと、治りが早くなります。

中耳炎のケアと予防

中耳炎のケアと予防

中耳炎にかかってしまったら、熱と痛みがあるうちは、耳の後ろを冷やして、安静にさせましょう。お風呂は控えて、シャワーで軽く流す程度にしておきます。
中耳炎は、風邪や鼻水が原因でかかることが多いので、日頃からのケアが大切です。赤ちゃんの鼻は、鼻水が溜まりやすいので、こまめに取り除いてあげましょう。
乳幼児の頃は、風邪を引くたびに中耳炎にかかってしまう子もいますが、小学生になる頃には、耳管も細長くなり、免疫も付いてくるので、かかりにくくなります。