賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

出産・育児

出産・育児TOPへ

退院後

出産を終え体も落ち着いてきたら、病院を退院して自宅で育児に励みます。
退院してからも多くのイベントが待っているので、順番にきちんと対応していきましょう。

命名

命名

両親から生まれた赤ちゃんに初めて贈るプレゼントが名前です。
姓名判断などでそれまで考えていた名前をひとつに絞って命名します。
名前には両親の思いや願望も込められることでしょう。
誕生から7日後の「お七夜」は、名前を披露してお祝いするしきたりです。

役所への届出

役所への届出

赤ちゃんと生活していく上で色々な手続きをしなければなりません。誕生した数日中に出産した病院で出生証明書を発行してもらいます。用紙は病院や役所に備えてあります。
生まれてから14日以内に役所に出生届を提出します。出生届に必要な書類は出生証明書、印鑑、母子健康手帳です。届出はお母さん本人でなくても構いません。

出産・育児給付の手続き

出産のときに出費がかさみますが、国や地方自治体では出産や育児を助成する制度があります。手続きをすれば給付を受けられます。
出産育児一時金は健康保険の種類に関係なく出生児1人につき35万円が支給されます。仕事に就いている人は出産手当金や育児休業給付金などももらえます。
自治体によって助成制度や手続きの方法が異なりますので、最寄りの役所で確認しましょう。

お披露目

お披露目

可愛い赤ちゃんをみんなにお披露目します。
自分たちの両親や親戚を呼んでお祝いの席を設けたりして、多くの人に誕生を祝ってもらいます。

お宮参り

お宮参り

赤ちゃんを抱いて神様に授けてくれたお礼を言う儀式です。
男の子は生後30日目、女の子は生後31日目に神社にお参りします。
外出となるので天候にも気を付けて赤ちゃんに十分配慮しましょう。

内祝い

内祝い

お宮参りと前後して、赤ちゃんの名前を書いて出産祝いのお返しをします。
お返しの品は、頂いた祝い金の半額程度が目安です。