賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

引越しまでの手順


引越しが決まったら

引越しには、荷物を運ぶ以外にも、やらなければいけないことがたくさんあります。
直前になってあわてないよう、引越しに必要な手続きや手順をご紹介します。

引越しが決まったら

引越しが決まったら、大事な手続きや手順を忘れないようしっかり準備しましょう!

作業の一覧表をつくる

作業の一覧表

まず最初に、引越作業に必要な事項を書き出してリスト化しましょう。
新しい住所も各種手続きに必要なので必ずメモしておきましょう。

退去の知らせ

退去の知らせ

賃貸住宅に住んでいる場合、遅くとも1ヵ月前には管理会社に退去する旨を知らせることが原則です。

移転手続のチェック

移転手続のチェック

電気、水道、ガス、電話、インターネットのプロバイダー、クレジットカード、銀行など、住所変更が必要なものは、必ず事前に連絡をし、引越先と引越日を伝えておきます。
特にガスの開栓には立ち会いが必要なので、引越しの1週間ぐらい前までには予約を。郵便の転送依頼も、窓口でお願いしておきましょう。

家具のサイズチェック

家具のサイズチェック

家具が引越先の玄関のドアを通すことができるか、置きたいスペースにおさまるか、エレベーターがあれば、エレベーターに載せられるかどうかなども、事前に確認しておきたいポイントです。

引越しの手配

引越しが決まったら、早めに引越業者で見積りを取り、料金やサービスを検討しましょう。
レンタカーなどを借りて自分で行なうこともできます。

引越業者を決める

引越業者を決める

引越しの多いシーズン(3〜4月、11〜12月)の土・日は特に混み合うので、希望日に引越しするなら早めの手配をすることが大切。見積りは2〜3社から取りましょう。
また、あとでトラブルにならないよう、自分がどれだけ準備し、業者にどこまでやってもらうかなど、見積りの内容をしっかりチェックしておきます。
見積りの中に荷造り用の箱が含まれていない場合は、スーパーや薬局で段ボールを集めておくと予算の節約になります。

家具の配置プランを考える

家具の配置プランを考える

引越先の間取図のコピーなどを手に入れ、家具やベッドなどをどこに配置するかを書き込んでおきましょう。
引越当日の作業がスムーズに進みます。

手荷物をつくる

引越しの直前、直後はバタバタしていて、必要書類などを紛失しがち。
荷造りをしてしまってから、「あれ?どこにやったっけ」ということがないよう、預金通帳や印鑑、引越業者への支払い用の現金などの貴重品をひとつにまとめた「手荷物」をつくっておきましょう。

手荷物の中に入れる物

手荷物の中に入れるもの

印鑑・通帳・現金(貴重品)・証書類・身分証明書(運転免許証・パスポートなど)・公的機関から交付されている物(印鑑登録証・年金手帳・健康保険証など)・賃貸契約書(賃貸に住んでいる人)