賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

災害対応マニュアル

地震発生時の行動ポイント

地震が発生したとき、私たちはどのような行動を取ればいいのでしょうか?
ここでは、緊急地震速報の発令時と、地震が発生してからの行動のポイントをご紹介します。

緊急地震速報発令時の行動ポイント

緊急地震速報が発令されたら、周囲の状況に応じて慌てずに、まず身の安全を確保しましょう。

家にいるとき
頭を保護し、丈夫な机の下などに隠れます。慌てて外へ飛び出さないようにしましょう。
車を運転しているとき
慌ててブレーキをかけないようにします。ハザードランプを点灯し、揺れを感じたらゆっくり停車しましょう。
鉄道・バスに乗車中のとき
つり革・手すりにつかまりましょう。
エレベーターにいるとき
最寄りの階で停車させ、すぐに降りましょう。
人が大勢いる施設にいるとき(デパートなど)
係員の指示に従いましょう。落ち着いた行動を取り、慌てて出口に走り出さないようにしましょう。
屋外(街)にいるとき
ブロック壁の倒壊などに注意します。看板や割れたガラスの落下に注意し、ビルのそばから離れましょう。

地震が発生してからの行動ポイント

地震が発生してからの行動のポイントを、地震発生からの経過時間を基準にご紹介します。

地震発生

最初の大きな揺れは1分間

  • 落ち着きましょう。
  • 出入口の戸を開けましょう。
  • 自分の身を守りましょう。
  • ついている火を消しましょう。

1〜2分

揺れがおさまったら・・・

  • 非常出口を確保しましょう。
  • 非常持ち出し品を確認しましょう。
  • 火が出たら素早く消火しましょう。
  • 家族の安全を確認しましょう。

3分

みんなの無事を確認し、火災発生を防ぐ

  • 行方不明者はいないか確認しましょう。
  • けが人はいないか確認しましょう。
  • 余震に注意しましょう。
  • ガス漏れに注意し、素早くガスの元栓を閉めましょう。

5分

ラジオなどで正しい情報を入手

  • 防災機関の情報を確認しましょう。
  • 避難時には車を使用しないようにしましょう。

10分〜数時間後・3日

協力して消火活動・救出・救護活動

  • 火災情報・避難情報の収集をしましょう。
  • 助け合いの心を大切にしましょう。
  • 壊れた家に入らないようにしましょう。