賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

避難所マップのご紹介


「避難所マップ」とは

「避難所マップ」とは、台風、大雨、津波など災害が起こった際に必要となる避難所、病院、警察や被害が想定される場所の情報を掲載した地図です。市区町村によっては、「ハザードマップ」や「防災マップ」などとも呼ばれています。

避難所マップ

この避難所マップにより、日頃から「自宅の最寄りの避難場所はどこか」、「避難経路はどこが安全か」、「緊急連絡先はどこか」、などを事前に確認しておきましょう。

また、災害はいつどこで発生するか分かりません。勤務先や通勤途中、車の中など、自宅以外でも発生する可能性があります。自分や家族が生活圏となっている地域の「避難所マップ」なども合わせて確認しておくと、災害が発生したときの被害を最小限に抑えることができます。

防災・減災には、地域や家庭での自主防災活動が非常に大切です。地域や家庭での防災力の向上に努めていきましょう。

避難所マップの入手場所・入手方法

「避難所マップ」は、市役所や各市区町村のホームページで入手・閲覧できるようになっています。

ホームページでは「避難所マップ」の他、「地震防災マップ」や「洪水・内水ハザードマップ」、「徒歩帰宅支援マップ」、「津波避難ガイドマップ」など、その市区町村で必要な防災マップが掲載されています。

防災意識の啓発や子供に対する防災教育として、家の分かりやすい場所に掲示したり、保存したりしておくのも良いでしょう。

市役所や区役所で入手・閲覧

市役所や区役所で入手・閲覧

お住まいの市区町村に対応した「避難所マップ」は、最寄りの市役所・区役所の窓口で手に入れることができます。
(※詳しくは、各地域の市役所・区役所にお問合せ下さい。)

市区町村のホームページから入手・閲覧

(例)名古屋市の場合

サイト内検索で「避難所マップ」
と入力すると、「避難所マップ」の画面が表示されるので、PDFデータをクリックして印刷します。