賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

新しいお部屋に引越ししたら
どれぐらいお金がかかる?



引越しする際にはお金は少なからずかかるものですが、できれば安く抑えたいというのが本音ではないでしょうか。そのためにも、賃貸物件を事前にリサーチしながらスケジュールをきちんと立てて、「自分に合ったお部屋」を見付けたいものです。

自分の懐事情と相談し、プランに見合ったお部屋探しを

自分の懐事情と相談し、プランに見合ったお部屋探しを

引越しをすると決めたとき、最初にしなければいけないのが、「引越しと家賃にどれくらいのお金がかけられるか」という予算を計算することです。その計算によって、賃貸物件のエリア、面積、築年数などの条件が大きく変わってくるからです。

初期費用の中で大きなウェイトを占めるのが不動産会社や大家、仲介業者に支払う「敷金・礼金」です。敷金とは、お部屋から退去する際に入居時の状態にするために用いられる修繕費用のことで、礼金は、お部屋を貸してくれる大家さんに支払う言わば「お礼金」のことを指します。地方によって呼び方などは異なりますが(関西地方では敷金を保証金と呼ぶ地域もあります)、主にこの2つがメインになります。敷金の減額交渉はハードルが高いですが、礼金はまだ交渉の余地のある初期費用と言えるでしょう。支払う敷金・礼金は各会社や賃貸物件によって違いますが、共に家賃の1ヵ月分というところが多いようです。しかし近年では、敷金・礼金ゼロを売りにしている賃貸物件なども多く出ています。初期費用をできるだけ抑えたい方は、検討しても良いでしょう。

また忘れてはいけない初期費用に、家賃の前払いがあります。お部屋の契約時に次の支払い日までの日割りの家賃と、さらに、翌月の家賃を前もって支払います。すでに賃貸物件に住んでいる人は、現在の家賃との重複もありますので、解約日と契約日の誤差には十分に気を付けたいところです。さらに、損害保険加入の契約が必要なお部屋がほとんどです。こちらは、お部屋の規模などによって異なりますが、だいたい1~5万円台を目安にしておきましょう。

引越料金のことも忘れずに

引越料金のことも忘れずに

賃貸物件を借りるためのお金以外で必要な資金と言えば、引越料金です。できるだけ安くしたいのであれば、友人知人に手伝ってもらうのが一番だと思いますが、やはり安心できるのはプロの引越業者への依頼でしょう。

単身の引越しであれば5万円前後というのが目安になります。引越業者によってサービスや料金は異なりますので、数社に見積もりをとって比較検討してみるのが良いでしょう。

引越しに関しては「これで安心!賃貸引越マニュアル」をチェックして下さい。

ページトップへ