賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

希望するエリアと間取りを決めよう!



アパート・賃貸マンションで新生活を始める際に、まず考えるべきなのは希望するエリアと間取りです。通勤・通学の所要時間や各沿線の乗り入れなどの状況、さらには引越時に持っていく荷物の量や今後の生活を見越した収納や部屋の大きさなど、引越後にストレスなく過ごすためにもしっかりと検討しましょう。

沿線マップをチェックし、通勤・通学の所要時間を考える

沿線マップをチェックし、通勤・通学の所要時間を考える

引越しをする際、重要なことのひとつが引越先のエリアです。学校や職場へのアクセス、通勤・通学に電車を利用するのか、自転車圏内にするのかなど自分のライフスタイルに合わせて検討していく必要があります。

その際に活用できるのが電車、バスなどの沿線表です。学校・職場などの最寄駅に、どのような電車が乗り入れているのか、また、近隣バス停に停車するバスは、どのようなルートで走っているのかを吟味しましょう。そうすることで、多少離れたエリアでも「乗換えなどがスムーズで、ドア・トゥ・ドアで30分だ」など、ある程度の通勤・通学時間の目安が見えてくるでしょう。また、自転車での通勤・通学を念頭に置いていても、雨や雪、風の日も当然あります。そうなると、電車・バスの利用が必須となりますので、やはり沿線のチェックは必要です。実際に生活してみると、不便な通勤・通学はストレスになる場合もありますので、しっかりと考えましょう。

住むエリアを考える場合、繁華街に近いエリア程家賃も高くなっていきます。各線が乗り入れ、移動も便利というだけで決めてしまうと、金銭的に生活を圧迫してしまう場合もあります。しかし、繁華街エリアでも、掘り出し物がたまにあります。「無理かな?」と思っても、予算を伝えた上で、不動産仲介業者に相談してみるのも良いでしょう。

ストレスなく暮らすためにしっかりと考えたい間取り

ストレスなく暮らすためにしっかりと考えたい間取り

ある程度エリアに目星を付ければ、次に考えるのは賃貸物件の間取りです。1人暮らしの場合、ワンルームで十分という考え方もできますが、もう少し掘り下げて検討する必要があります。

例えば、荷物の量です。引越しで持って行きたい家具類や電化製品、衣類を考えた場合、果たしてワンルームで収まりきるのか? 収納は? ベランダは? 布団なのかベッドなのか…といった具合に、細かく検討していきましょう。ここで、いくつか考えておくべき参考例を挙げていきます。

キッチン
料理が趣味という方や、新生活から自炊を始めたいという方は、ワンルームよりも1Kタイプの間取りの方が便利に使えます。また、コンロはガスなのか、電気なのか、そしてひと口なのか、ふた口なのか。さらに、ガスの場合はガスコンロが装備されているのか、などがチェックポイントとなります。
お風呂
1人暮らしならユニットバスで良いのか、風呂とトイレは別が理想なのか、といった具合に想像し、検討していきます。
収納
部屋が多少狭くなっても、収納スペースが欲しいのか、もしくは、収納棚を持ち込むのでそれを利用するので、お部屋には最小限の収納スペースさえあればいいのか、などが考えられます。

このように、引越しの際に持っていくものや新たに買おうと考えているものによって、間取りというのは大きく変わってきます。

お部屋は、広ければいいというものでもありません。あくまでも自分のライフスタイルに見合った、使い勝手の良い空間でないと、長く住むことは難しいと言えるでしょう。

ページトップへ