賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

間取図の見方



インターネットのサイトなどで賃貸お部屋探しをする場合、目安になるのが「間取図」です。ここでは細やかな部分までしっかりと見逃さないための「間取図」の見方のポイントを紹介します。

間取図を見る際に覚えておきたい項目

間取図を見る際に覚えておきたい項目

まずは、1K、1DK、1LDKなどのタイプの表し方です。K=キッチン(台所)、D=ダイニング(食堂)、L=リビング(居間)ということはご存知かもしれませんが、果たしてその条件を満たす面積はいったいどれぐらいなのでしょうか。

1DK(ダイニングキッチン)と表記する場合は、ダイニングキッチンが4.5畳以上の広さが必要となります。また、1LDKの場合は、リビングダイニングキッチンが8畳以上必要です。そして、2~4.5畳の大きさの独立したキッチンを持つお部屋を1Kと表します。目安として覚えておけばイメージしやすいのが、畳み1畳の大きさです。畳一枚の面積は通常1.62㎡以上という基準があります。各地方や賃貸物件によって微妙に大きさは異なりますので、あくまでも目安として参考にしましょう。

略称に惑わされずに、しっかりと自分の条件と照らし合わす

略称に惑わされずに、しっかりと自分の条件と照らし合わす

次に間取図で使われる記号や略称を見ていきましょう。こちらも表記の仕方は様々ありますが、例えば「玄」は玄関、「CL」はクローゼットのことです。また「冷」は冷蔵庫置き場、「洗」は洗濯機置き場となります。この他にも「物」=物入れ、「PS」=パイプスペース(配管設備)などが用いられます。

間取図を上手く見るポイントですが、まず重要なのが収納スペースです。部屋に対してどれぐらいの大きさなのか、クローゼットがあるのか、押入れがあるのかを確認しつつ、自分の荷物量と合っているかを確認しましょう。ドアが外開きなのか、引き戸なのかも、お部屋のレイアウトにかかわってくるので注意しましょう。

次に、お風呂、トイレなどの水まわりをチェックしましょう。ユニットバスなのか、バス、トイレが別なのか、洋式トイレなのか、洗面台は独立しているのかなど、自分の条件に照らし合わせて見ていきます。お風呂と物置が隣接している場合など、湿気の原因にもなりますので、このあたりにも注意を払いたいものです。

また、お部屋の中に柱が通っていたり、壁が出っ張っていてデッドスペースになりそうな場所があるなども、事前に確認しておきたい項目です。

さらに、窓の数やその窓がある方向、玄関周りと部屋との間にドアがあるかなども、重要なポイントです。これらをしっかりと見るためにも、あらかじめ自分の条件を固めて、イメージを頭の中で作っておくと良いでしょう。

間取り図
ページトップへ