賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸物件の下見のときに持っていくと良い物



いよいよ、お気に入りの賃貸物件を下見することになりました。限られた時間の中で、チェックしておきたいことをより効率よく行なうために、持参した方が良い物、心得、テクニックなどを紹介していきます。

間取図にメジャーにデジカメなど下見時に必要な道具一覧

間取図にメジャーにデジカメなど下見時に必要な道具一覧

訪問時に持っていくと便利な道具はいくつかありますので、それぞれ紹介します。

間取図
不動産会社から間取図のコピーをもらえることは多いですが、できればインターネットのサイトから間取図を事前にプリントアウトして持参しましょう。
メジャー(測定工具か巻尺)
間取図やサイトの写真といった情報だけでは、細やかなサイズまでは分からないものです。契約して、いざ引越しとなったときに、ソファやベッドが玄関のドアを通らない、置きたかった収納家具の幅が合わない…といったトラブルを避けるためにも、メジャーでしっかりとサイズを測りましょう。
筆記用具
ボールペンなど筆記用具を用意しておくと便利です。というのも、メジャーで測ったサイズなどを間取図やメモに書き留めておけるからです。荷物にもならないので、必ず用意しましょう。
スマートフォンやデジカメ
家に帰ってからお部屋のイメージをつかみやすくするためにも、不動産会社に確認してから、賃貸物件の玄関や居間、風呂などの水まわり、収納、ベランダなどをスマートフォンなどで撮影しておきましょう。何軒も下見する場合は、あとで思い出すのにも有効です。
地図
下見した賃貸物件の近隣の地図があれば、現在位置からどの方向にどれくらいの距離で商店街がある、コンビニまではどの方向に徒歩何分か、などの位置情報が明確となります。
お金
物件を下見して気に入ったなら、次は契約となります。その際に、持ち合わせがなくタイミングを逃しライバルに先を越される…なんてことのないように、仮押さえできるくらいのお金を念のために持っておきましょう。

下見の際は、別の視点も必要です

下見の際は、別の視点も必要です

下見の際は友人や家族と一緒に行くのもテクニックのひとつです。自分ではなかなか気が回らない細やかなことも2人いればチェックしやすくなりますし、気になったことをその場で相談でき、冷静な判断をすることができるからです。

例えば、1人を部屋に残し、もう1人は外から部屋の様子を確認、声がどれくらい廊下にまで響くかをチェックするなど、コンビプレーならではの動きができます。

賃貸物件の下見は決められた時間内でいかに気になる箇所を細かくチェックできるかが勝負です。そのために最善の状況を自分で作れるように心がけましょう。

ページトップへ