賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

下見をするときのお部屋の状況



下見をする賃貸物件にも様々な状況が考えられます。即入居可能な新築物件ならほとんど問題ありませんが、工事がまだ残っている新築物件や、掃除やリフォームが完全でない物件、さらには、まだ住人が暮らしている場合も考えられます。物件の状況に応じて、確認しなければいけない項目をチェックしておきましょう。

工事やリフォームが完全でない物件の場合

工事やリフォームが完全でない物件の場合

近々完成予定の賃貸物件を下見する場合は、まだ内装が完成してない場合もあります。

共有部には塗装前でビニールシートが被せてあったり、お部屋内部も壁紙などが張り終えてない場合もあるかもしれません。そのようなときは、「新築だから大丈夫だろう」と考えてしまわずに、不動産会社に質問をして具体的にどのような仕上がりになるかを確認するようにしましょう。

また、直近に入居者がおらず、クリーニングやリフォームが完全でない状態で物件を下見する場合もあります。どの部分がクリーニングされるのか、どの程度リフォームされてキレイになるのかを、ひとつひとつ確認することが重要です。さらに、古い換気扇やクーラー、ガスコンロなどの設備が新しく変わるのかということも忘れずに確認するようにしましょう。

リフォーム前に下見をした場合、「あまりキレイじゃないから、気が進まないな・・・」と思ってしまいがちですが、クリーニングやリフォームをすれば新築同然に甦る賃貸物件も多くありますので、冷静に状況を把握して、即断してしまわないように心がけましょう。

前の住人がまだ暮らしている物件の場合

前の住人がまだ暮らしている物件の場合

物件の下見の際に、まだ前の住人が住んでいるという場合があります。ほとんどの場合は、同タイプのお部屋があればそちらへの案内されることになりますが、中には前住人が暮らしている状態での下見というパターンもあります。

その際に見ておきたい場所が、フローリングや畳の傷み具合、壁のポスター、カレンダーなどによる穴、喫煙者だったならば壁の汚れ具合などです。もちろん、リフォーム後に住むことになりますが、この辺りをしっかりと把握しておけば、いざ住み出したときのトラブルの回避にもつながります。

さらに、住人の方とお話しできる機会があるようでしたら、お部屋の良い部分や悪い部分、町の便利な部分とそうでない部分など、ひと通り世間話レベルで構いませんのでリサーチしておくのも良いでしょう。

ページトップへ