賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

玄関周りのチェックポイント



お部屋に入るとき、最初に目に入る場所が玄関です。玄関の印象が良ければ、自然とお部屋の下見も楽しく終えられるというものです。逆に、最初から印象が悪いと、他の箇所も悪く見えてしまうことがあるかもしれません。いずれにせよ、玄関周りは重要なポイントになると言えます。

ドアを開ければまず目にする場所だけに確認は抜かりなく!

ドアを開ければまず目にする場所だけに確認は抜かりなく!

「お部屋の下見時に気になる箇所は?」というアンケートでも、玄関周りは上位に位置することが多いようです。普段の生活の中でも、出入りする際には必ず通る場所となりますので、その使い勝手によってはストレスとの原因にも成り得ます。

まず確認したいのが、その大きさでしょう。まずは、自分の所有する靴をすべて問題なく玄関に置けるかがポイントです。玄関に多くの靴が並ぶと、靴紐を結ぶことも困難になりますし、座ってスニーカーなどを履くこともままなりません。毎日行なう動作ですので、玄関周りに十分なスペースがあるかを確認しましょう。

そして、下駄箱の有無はもちろん大きさにも注意したいところです。自分が持っている靴の量に見合っているか、スニーカーやパンプスは入るが、ブーツ類はどうかなど、きっちりシミュレーションしましょう。

玄関周りは、どうしてもホコリが溜まりやすい場所ですので、お掃除が楽にできるかということも合わせて確認するとベストです。

最も重要と言えるのがセキュリティ

最も重要と言えるのがセキュリティ

玄関のドアにも注目して下さい。この際に最も重要なのが、やはり鍵です。どのような種類の鍵を使用しているか、チェーンはきっちりと装備されているか、鍵の数など、セキュリティはこれから住んでいく上でも一番気を付けたいことですので、抜かりなくチェックして下さい。

また、ドアに備え付けられた新聞受けもチェックポイントです。うまく開閉できるか、傷みはないかなどを確認します。さらに、外から覗くことができないかどうかも確認しましょう。続いて、覗き穴を見てみましょう。外の様子がクリアに見えるかどうかなどに気を付けて、曇ってよく外が見えない場合は、立ち会っている不動産会社に報告し、新しい物と交換が可能かどうかを相談しましょう。

ちなみに、下見の帰りがけに、廊下を見ることもオススメします。きっちりと掃除が行き届いていれば、管理ができている証拠ですし、逆にゴミやほこりが目立つ場合などは、管理体制について不動産会社に確認しましょう。

ページトップへ