賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

キッチンのチェックポイント



毎日の暮らしの中で絶対に欠かせないものと言えば食事です。引越しすれば自炊をと考えている方ならば、一番気になるのがやはりキッチンではないでしょうか。下見の際にはキッチン周りを丹念にチェックしてみましょう。

シンクの大きさなどを見て、シミュレーションしてみよう

シンクの大きさなどを見て、シミュレーションしてみよう

毎日使う場所ですから、もちろん一番に見たいのは使い勝手の良さです。身長に合った高さなのかはもちろん、流し台の大きさも、あまりに小さすぎると洗い物がしにくく不便ですし、流し台が大きくても、まな板などを置くスペースが小さいと、包丁で野菜を切ったりすることがしにくくなります。料理をする人にとっては、調理した素材を置くためにも十分なスペースがあるかは、よく確認しておきましょう。

流し台の水道も種類が様々です。比較的に新しい物件の場合は、上下させるだけで水道の開閉ができるシングルレバー方式であったり、蛇口に浄水システムを内蔵したものもあります。昔ながらの回栓タイプで問題ない場合もあると思いますが、思い描いた料理スタイルを実現できるタイプなのかを、いろいろとシミュレーションしてみながら見極めていきましょう。

IHで良いのか、ガスコンロが必要なのか、ライフスタイルで変わる

IHで良いのか、ガスコロンが必要なのか、ライフスタイルで変わる

炒め物や煮物などを作る際に最も重要なのがコンロです。最近はIHタイプ(クッキングヒーター)のものも多いですが、火力にこだわる方はやはりガスコンロが必要でしょう。さらに、コンロの数が何口かによって、料理にかかる時間も変化します。炒め物をしながらスープを作りたい、となると、最低でも二口以上は必要でしょう。

キッチン周りの収納も確認を忘れずに

キッチン周りの収納も確認を忘れずに

キッチン周りの収納や空きスペースもしっかりと見ておきましょう。置こうと思っている冷蔵庫の大きさに見合ったスペースがあるのかも大切です。自炊するようになると、材料の買いだめも多くなっていきます。あまりに小さ過ぎる冷蔵庫ですと、ストレスの原因にもなりかねません。

さらに、キッチン下や上にある収納の大きさもチェックします。塩に砂糖、コショウに醤油、みりん、料理酒を始め、煮物などを料理する際には調味料の数もどんどん増えていきます。それらをキレイに収納できるくらいの余裕ある収納かどうか、見ておきましょう。もちろん、扉を開け閉めし、建付けなどもしっかりとチェックするように心がけましょう。

ページトップへ