賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

洗面所・お風呂のチェックポイント



お部屋の中で、最も汚れるのが水まわりです。水垢やカビは頑固でなかなか汚れが落ちにくいので、キレイ好きな方は少しの汚れも気になってしまうものです。では、下見のときはどのように洗面所やお風呂をチェックすれば良いのでしょうか。

洗面台は水が流せる状態なら、ぜひとも流してみましょう

洗面台は水が流せる状態なら、ぜひとも流してみましょう

シャンプードレッサータイプで大きな鏡と収納スペースが豊富な洗面台は憧れのひとつでしょう。しかし、機能的な洗面台であればある程賃貸物件の家賃が上がりますので、自分のライフスタイルに合った洗面台であるかの見極めが必要です。

築年数の長い物件の場合は、経年による頑固な汚れが落ちない場合があります。黒ずみや蛇口周りの水垢など、キレイに掃除されているのかを見て下さい。もしあまりに汚れがひどく気になるようでしたら、立会いの不動産会社に相談してみても良いでしょう。さらに、もし水が流せる状態になっているのなら、ぜひとも流してみて下さい。パイプのつまりなどはないかを確認するためです。流れにくい、パイプから異音がするなどの場合は、同じく不動産会社に確認しましょう。

また、洗面所に鏡、収納が備え付けられている場合は、歯ブラシを置くスペースの他、その使い勝手もチェックしましょう。

シャワーの水圧が弱いと思わぬストレスになることも

シャワーの水圧が弱いと思わぬストレスになることも

日々の生活で、最も安らげる場所のひとつがお風呂です。そんな場所だからこそ、水垢やカビで汚れているのは不快ですから、タイルの間や風呂釜、扉のゴムパーツなど、汚れが発生しそうな場所を入念にチェックする必要があります。

また、風呂場ももし水が出る状態でしたら、一度試しに出してみましょう。つまりなどが起こっていないかを確認するのはもちろん、シャワーの水圧も同時に見ておきます。実際に住み出してから、シャワーの水圧があまりに弱いとストレスになる可能性もあります。もし水圧の弱さが解消できない場合は、水圧を強くするシャワーヘッドが市販されていますので、それを付けるなどの工夫が必要です。

また、追い炊き機能の有無、元栓の位置、電気なのかガスなのかなども知っておきましょう。最近では自動でお湯を張ったり、完了するとメッセージで教えてくれる機能が付いているものなどもありますので、把握しておくと便利です。

脱衣所がある場合は、タオルなどを置ける収納スペースがあるか、カビ取りスプレーやお風呂洗い洗剤はどこに収納できるかなども見ておくと良いでしょう。

ページトップへ