賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

トイレのチェックポイント



トイレは、新居に移る際に気になる場所のひとつです。「キレイで快適に」というのが最低条件ですが、温水洗浄便座などの機能が付いている方が良いなどの要望もあるでしょう。ここでは、賃貸物件の下見の際にトイレのチェックすべきポイントを紹介します。

頑固な汚れが付きやすいトイレの汚れ

頑固な汚れが付きやすいトイレの汚れ

洗面所・お風呂と同様に、トイレもこびり付いた汚れはなかなか落ちにくいものです。クリーニング業者が入ったあとだとしても、経年による黒ずみや水垢が便器に残っている可能性もあります。実際に住み出す前に、もし気になるようでしたら指摘し、不動産会社に改善できるか確認することをオススメします。

実際に水が流せる状態でしたら、一度流してみるようにしましょう。流れはスムーズか、異音はしないかなどを確認しておきます。また、便座の上げ下げなどをして、ぐらついていないか、傷みはないかもきちんと把握しておきましょう。

そして、給水タンクの中も、できれば見ておきたい箇所です。タンクレバーのコックにつながる金属が経年で磨耗して折れやすくなっている場合がありますので、少々面倒でも確認しておいた方が安心です。

換気扇がなく小窓が付いているトイレはセキュリティ面もチェック!

換気扇がなく小窓が付いているトイレはセキュリティ面もチェック!

温水洗浄便座付きのトイレは、新しい賃貸物件だけでなく、リフォームで取り付ける物件も多くあります。「温水洗浄便座は新しいから何の問題はない」と決め付けてしまわず、きちんと通電し、壊れていないかも試しておきたいところです。毎日使うものですので、ボタンなどが劣化しやすく、壊れやすい部分だからです。

そして、収納棚があれば、その大きさも確認します。トイレットペーパーをストックしておけるか、トイレ用洗剤などを置くスペースが確保できるかなどは案外見落としがちなポイントかも知れません。さらには、掃除のことも考えると、便器以外のスペースがどれぐらいあるかもチェックしましょう。極端に狭い場合は、掃除の際に身動きがとりにくくなるので不便です。

最後に、換気扇もチェックします。ここも汚れがたまりやすい箇所ですので、ホコリで詰まっていないかなどを見ておいて下さい。また、換気扇がなく小窓がある場合もあります。その際は、窓を開け閉めして建付けがうまくいっているか、窓の外はどのような感じになっていて、セキュリティ面は大丈夫かなども気にかけておきましょう。

ページトップへ