賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸借契約までの流れ



賃貸物件を借りる予算やスケジュールを決め、お部屋を内覧したあとに気に入ったお部屋が見つかれば、次はいよいよ賃貸借契約へと移ります。ここでは、不動産仲介業者などを介して賃貸借契約を結ぶまでの流れを順に追っていきます。

お気に入りの賃貸物件が見つかれば、まずは入居申込手続き

お気に入りの賃貸物件が見つかれば、まずは入居申込手続き

様々な条件をクリアして住みたい賃貸物件が見つかった場合は、いち早く契約したいところですが、まずは、貸主の入居審査のために入居申込書を提出することから始まります。入居申込書の提出は賃貸借契約とは別ですが、安易に入居の申込みをして後々キャンセルすることがないよう注意しましょう。

入居申込書に必要な確認事項

入居申込書に必要な確認事項

入居申込書に記入する項目は、入居希望者の氏名・現住所・連絡先・年収・生年月日を始め、連帯保証人の氏名・現住所・連絡先・勤務先・年収・続柄などです。連帯保証人の項目があるので、事前に確認しておくと申込みがスムーズになります。

続いて、お部屋の仮押さえをするための申込金(手付金とも言う)を、不動産仲介業者に預けます。もし仮に入居申込みをキャンセルした場合でも、申込金は返還されることになっていますので、安心して下さい。

そして、貸主が入居希望者の家賃の支払い能力や連帯保証人の安定性などをチェックしたあと、早くて2~3日、遅くとも約1週間後には入居審査の結果が出ることになります。

審査が通ったら、敷金・礼金などを支払い正式な契約へ

審査が通ったら、敷金・礼金などを支払い正式な契約へ

無事に審査が通ったら、いよいよ正式な契約へと移ります。その際、宅地建物取引主任者と呼ばれる不動産仲介業者のスタッフから細やかな重要事項、貸主の要望などをまとめた賃貸借契約の説明が行なわれます。そして、不動産仲介業者に預けていた申込金の額を差し引いた分の、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料などを支払って、賃貸借契約書に署名・捺印すれば契約完了となります。

賃貸借契約手続き終了後は、現住居の退去や新居への引越準備を始めましょう。現在、賃貸物件に住んでいる人なら大家さんに退去時期の報告をし、引越業者を頼む場合は、スケジュールの調整などを行ないましょう。賃貸借契約から入居予定日が近い場合などは、トラブルが発生しないようきちんとスケジュールを立てて退去~入居までを行なうようにしましょう。

ページトップへ