賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

まずは、申込み手続き



賃貸物件の下見で気に入ったお部屋が見付かった場合は、ライバルに先を越される前にさっそく申込み手続きを行ないましょう。その際に、注意すべきポイントなどを細かくチェックしていきます。

安易な入居申込みは避け、今一度、条件面を確認

安易な入居申込みは避け、今一度、条件面を確認

不動産会社によって異なることもありますが、ほとんどの場合、入居申込書と呼ばれる書類を提出するのが一般的です。不動産会社によって書式が違いますが主に以下のような項目があります。

  • 契約希望者氏名、現住所、年齢、生年月日
  • 勤務先(学生の場合は学校名など)、年収(学生の場合は必要なし)
  • 同居人の有無
  • 連帯保証人の氏名・続柄
  • 連帯保証人の現住所、勤務先住所
  • 連帯保証人の年収

入居申込みをする際に最も重要なことは、連帯保証人となる人に前もって承諾を得ているかということです。事前の話し合いがしっかりできていない場合、トラブルのもとになりますので、きちんと依頼しておくようにしましょう。連帯保証人の承諾がとれれば、住所や勤務先情報などを聞いておきましょう。

また、安易に入居申込みを行なうことは避けましょう。親身になってくれた不動産会社、貸主、そのお部屋を検討していた他の人への迷惑となります。入居申込みを行なう前に、今一度、自分の予算や条件に見合っているかを吟味しましょう。

入居申込書が整ったら貸主が確認を行なう

入居申込書が整ったら貸主が確認を行なう

書類が整ったら、申込金(お部屋の仮押さえの意味で前もって支払っておくお金のこと)を預け、審査が終わるまで待ちます。審査は、入居申込書をもとに、貸主が入居希望者を確認します。

収入や勤続年数から、家賃支払いに支障が出ないかどうか、楽器などの騒音や行ないの悪さでのクレームなどが他住民から出そうにないか、連帯保証人は信頼のおける人物か、などです。

この際に、意思確認などを行なうため、連帯保証人に電話で連絡が入ることがありますので、事前に伝えておくと良いでしょう。

また入居申込みに際して気になることや分らないことがあった場合は、すぐに不動産会社に確認しましょう。不明点を抱えたままで時間ばかり過ぎると、あとでトラブルとなるケースがあります。審査は早ければ2~3日で終わりますが、余裕をもって1週間は猶予を見ておくようにしておくと、その後の本契約や引越しまでの流れもスムーズに行なえるでしょう。

ページトップへ