賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

入居申込金とは?



入居申込書の作成時に、不動産会社に預けるお金のことを「入居申込金」と言います。では、いったいどれくらいの金額を支払えばよいのか、もし契約を破棄した場合はどうなるのかなど、「入居申込金」に関することを紹介していきます。

きちんと理解していないとトラブルのもとに

きちんと理解していないとトラブルのもとに

下見した賃貸物件の入居を希望した際に、その物件を仮押さえするために支払うお金が入居申込金です。不動産会社によっても違いはありますが、目安としては、概ね家賃の1ヵ月分、もしくはそれ以下というところが多いようです。また、引越シーズンや新築などの人気物件の場合は、入居申込金があることで安易な申込みを増やさないという側面もあります。

入居申込金の制度ですが、しっかり理解していないとトラブルのもとにもなります。

まず知っておきたいこととして、入居申込金を預けたことで、借主の審査が通りやすくなることはありません。あくまで入居希望物件の仮押さえをするためなので、申込金を支払っていても審査に通らない可能性があります。

また、入居申込金は、本契約に必要となる敷金・礼金など契約金の一部として充てられることになります。また、何らかの理由で入居希望をキャンセルした場合、入居申込金は全額返還されることが法律で定められていますので、心配する必要はありません。

トラブルを避けるために心がけることとは?

トラブルを避けるために心がけることとは?

入居申込金に関しては、多くのトラブルも報告されています。必要以上に多くの額面を請求された例や、キャンセル後に全額の返還がなかった例などです。そんなトラブルを避けるためにも、まずは、入居申込金に関する役割を、今一度しっかり把握しておくことが大切です。必要ならば、不動産会社に改めて確認してみても良いでしょう。

そして、入居申込金を支払った際には「預り証」を必ずもらうようにして下さい。その際に、その会社名義のハンコが押されているか、日付に間違いはないかなどをその場で確認し、本契約を終えるまではしっかりと保管しておくようにしましょう。

万が一、入居の契約をキャンセルしても入居申込金が戻ってこなかった、ということになった場合、明らかにその会社は宅地建物取引業法違反ですので、弁護士などに相談することをオススメします。

契約までには、様々な書類の提出やお金の支払いが多くなりますので、それぞれの内容を理解した上で手続きを進めていくように心がけましょう。

ページトップへ