賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸に関する保険を知る



自分の借りている部屋が出火元でマンションが火事になってしまう、ということは考えたくはないですが、このような災害も起こらないとは限りません。そんな災難を想定して、賃貸物件を借りるときには火災保険への加入が促されます。ここではアパート・賃貸マンションにおける保険の役割などを紹介します。

シングル向けの保険の場合、約2~3万円で保障

シングル向けの保険の場合、約2~3万円で保障

契約を結ぶ際に、火災保険への加入を促される場合が、ほとんどです。また、賃貸借契約書に保険加入義務が記載されている場合もあります。

そもそも、重要事項説明書には、契約期間満了後は借りている部屋をもとに戻して返すことになっています。これは退去時にハウスクリーニングなどが入り、壁やフローリングを元通りにする、という意味だけではありません。例えば何らかの理由で出火し、自分の部屋を燃やしてしまったとすると、借りている部屋を元通りにしなければならないという意味も含まれます。その際、多額のお金がかかることになりますので、それを防ぐためにも、火災保険への加入を不動産会社は勧めます。

また万が一、自分の部屋だけでなく、隣家にまで被害を及ぼしたということになると、仮に重過失があったと判断された場合は賠償責任を問われることもあります。もちろん各保険会社のプランによっても違いますが、目安としては、シングル向けの火災保険の場合、2年間で2~3万円程度。その場合、600万円程保証されるケースが多いです。

「自分の物は自分で守る」の精神で考えよう

「自分の物は自分で守る」の精神で考えよう

賃貸物件の場合は、アパート・賃貸マンションのオーナーが火災保険の契約をしているのは当然です。さらに、火災保険には一般的に家財保険もセットとなっています。

家財保険とは、自分の家財道具を守る保険となります。例えば隣の部屋が出火元で、鎮火の際に部屋が水浸しでパソコンが破損した、という場合などに保障するものです。さらには、隣家からのもらい火で被害を被った場合、「失火責任法」という法律で余程重度な過失が認められないと賠償請求をすることはできません。"自分の家財は自分でないと守れない"という認識のもと、少しの出費で安心を買えるのであれば、ぜひとも火災保険に加入しましょう。もちろん、保険のお世話にならないように、火のもとなどは十分に注意して毎日を過ごすことを心がけましょう。

ページトップへ