賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

連帯保証人とは?



賃貸でお部屋を契約する際に、ほとんどの場合に必要となってくるのが連帯保証人です。しかし一般的で言う「保証人」と、賃貸借契約する際の「連帯保証人」とでは、意味が違います。この項目では「連帯保証人」について詳しく紹介します。

保証人と連帯保証人の違いを理解する

保証人と連帯保証人の違いを理解する

一般的に使われる「保証人」と「連帯保証人」とは、意味が全く違うことをご存知でしょうか。

賃貸借契約に関する「保証人」とは、借主に支払い能力がなくなった場合に、貸主からの請求に応じるものです。つまり、借主に支払い能力がある場合は、貸主からの請求を拒否することができます。

一方、「連帯保証人」は、借主に支払い能力があったとしても、貸主の請求に応じなければなりません。要するに、連帯保証人となった人は、支払いを拒否したくても、拒否できない立場にあることを念頭に置きましょう。

法律上は、連帯保証人はすべての人が対象となりますが、賃貸借契約の場合は必要な条件がある場合がほとんどです。

  • 親族かどうか
  • きちんとした職業に就いているかどうか
  • きちんとした収入があるかどうか
  • あまりに高齢でないかどうか

これは、貸主の目線でいうところの、その連帯保証人がきちんとお金を払ってくれるかどうかの基準です。そのため、借主の知人などではなく、賃貸借契約の連帯保証人は親族がなるケースが一般的だと言えます。さらに、年金生活者の場合は、貸主の判断で、適応されるかどうかが決まってきます。

どうしても見つからなければ便利な保証人会社を利用

どうしても見つからなければ便利な保証人会社を利用

近年では、核家族も増え、連帯保証人が見つからない、といった人も増加傾向にあります。そういった場合に対応するのが、連帯保証人会社です。

連帯保証人会社とは、文字通り連帯保証人を代行する会社で、最近では高額賃貸物件などの契約の際は、連帯保証人会社との契約を条件にしている不動産会社もあります。

不動産会社は、例え高額賃貸物件でなくとも家賃未払いなどのトラブルを回避するために、連帯保証人会社を通すというケースも増えています。

連帯保証人会社の仕組みですが、加入者からの利用料などで運営されているパターンがほとんどで、おおむね初回契約時に家賃の50%などを支払うことになります。

連帯保証人をたてられない場合は、不動産会社が連帯保証人会社を紹介してくれることがほとんどですので、出費になるとしても一度相談してみると良いでしょう。

ページトップへ