賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

引越業者に頼むか、知人に手伝ってもらう?



荷造りから運搬、搬入など、引越しというのは何かと大変です。やはりプロである引越業者に頼むのが一番ですが、できるだけ出費を抑えたい場合は知人や家族に頼むということもあると思います。引越しには様々な考え方があるので、自分の予算に合わせながら、引越しについて考えてみましょう。

やっぱりプロに任せるのが一番安心

やっぱりプロに任せるのが一番安心

引越しをする際、一番安心なのがやはりプロの引越業者にすべてを頼むことです。梱包用のダンボールでも、規定枚数までは無料で提供してくれる業者がほとんどです。しかし、引越業者に頼まず、自分でダンボールを調達する場合は手間がかかりますし、新品ダンボールを購入するとなると、出費にもつながります。

また、テレビや冷蔵庫、洗濯機など、大型家電を搬送するときもプロなら安心ですし、万が一、破損した場合などは保障してくれる引越会社もあります。さらには、不用品を無料で回収してくれる引越会社のサービスもあります。

引越業者を決める際にも、不動産会社を決めるときと同じで、数社のサービスを比較検討することが大切です。引越会社のホームページなどで簡単に見積もりが取れますので、多くの業者から見積もりを取り寄せ、予算に見合ったところに依頼しましょう。

知人に手伝ってもらう際のメリットとは?

知人に手伝ってもらう際のメリットとは?

知人に手伝ってもらって引越しをする際にも、もちろんメリットがあります。

まず、安価で済む可能性が高いということが挙げられます。ワンボックスカーやトラックを持っている知人にお願いをすれば、レンタカー代も浮きますし、知人たちに手伝ってもらい労力に見合ったお礼を渡したとしても、引越業者に発注するよりもリーズナブルでしょう。

また、ダンボールの数をあらかじめ伝え、運搬するトラックの大きさを事前に決定することが多い引越業者とは違い、そのつど、臨機応変な対応ができます。もし、退去までに日数がある場合は、何日かに分けて引越作業をすることも可能になります。最近では、ホームページに荷造りのコツや引越作業に便利なグッズの紹介などもありますので、それらを利用しても良いでしょう。

「ホームメイト」の賃貸お役立ち情報には、「これで安心!賃貸引越マニュアル」を用意していますので、ぜひご活用下さい。

ページトップへ