賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

学生の1人暮らしっていくらかかる?



学生の本分は勉強ですが、1人暮らしをすることで学ぶことはたくさんあります。そのひとつが、生活費を自分で稼ぐためのアルバイトでしょう。学生の中には大学の学費を自分で支払っている人もいると思いますが、仕送りとアルバイトを合算して生活費としている人は、月にどれくらいの収入が必要なのでしょうか。ここでは、アパート・賃貸マンションを借りる前に、普段の生活の中で実際にお金がどれくらいかかるのかを見ていきましょう。

仕送り&アルバイト

仕送り&アルバイト

仕送りは、各家庭の考え方により金額に開きがあります。20,000円くらいの家庭もあれば、家賃プラスアルファを仕送りする家庭もあるでしょう。その金額を考えた上で、勉強に支障が出ない形でアルバイトに励むことが大切です。学生のアルバイトは時給制か日給制の場合がほとんどです。外食レストランやコンビニ、カラオケボックスなどのアルバイトから工場作業まで、職種は幅広くありますので、月々に必要な収入を確保しつつ、生活のリズムに合う形で仕事を選ぶようにしましょう。

家賃の考え方

家賃の考え方

家賃は、アパート・賃貸マンションで暮らすために、毎月必ず必要になるお金です。どれくらいの家賃の部屋に住むかは、仕送りやアルバイトなどの総収入の「3分の1」を家賃にするということが一般的な考え方です。長く暮らす部屋になりますので、自分の住みやすい部屋を探したいという願望は誰でも持っていると思いますが、あまり贅沢をし過ぎてしまうと、逆に生活が苦しくなってしまう恐れがありますので、それを踏まえて部屋探しをすると良いでしょう。

食費

食費

生活の中で食費は欠かせないものですが、想定以上にお金がかかってしまうということが多くあります。特に外食生活を続けるとその傾向は顕著となり、仕送りやアルバイト収入ではまかない切れない事態に直面してしまうこともあります。ですから、1人で食事をする際は外食をできるだけ控え、自炊することが大切になります。一般的には、毎月の食費は20,000~30,000円を想定するのが適切と言われています。1日の食費は約700~1,000円という計算になり、育ち盛りの年代としては物足りなさもあるかもしれませんが、節約する意識を高めていくことが大切でしょう。

光熱費とケータイ料金

光熱費とケータイ料金

生活を行なう中で欠かせない、電気代やガス料金、水道料金などが光熱費に該当します。

水道料金

水道料金は、月々の使用量に応じて金額が決まるケースと、月々何円という形で定額になっている場合があります。これは賃貸物件によって様々なので賃貸借契約の際に確認しましょう。いずれにしても、1人暮らしの水道使用料金は、おおむね月1,500~2,000円くらいと考えておきましょう。

電気代・ガス料金

電気代とガス料金は、一年の間で大きく上下することがあり、特に夏と冬に使用量が大きく増える傾向にあります。電気代であれば冷房や暖房、電気ストーブなどが該当します。ガス料金は、お風呂の使用頻度に影響を受けやすくなります。夏場はシャワーだけで済ませることもできますが、冬場は湯船に浸かってゆっくり体を温めたくなるものです。そうなると必然的にガス料金は上がることになります。電気代、ガス料金の大体の目安は、それぞれ月2,000~5,000円くらいと考えると良いでしょう。

ケータイ料金

光熱費以外に毎月必要なお金としては、ケータイ料金が挙げられます。様々なキャリアやプランがありますが、通話をほとんどしないのであれば、5,000円~10,000円程度です。また、お部屋に光回線などインターネット回線を引く場合は、3,000円~5,000円程度見ておけば大丈夫でしょう。

ページトップへ