賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

学校に近いのが一番!学生街の特徴



大学などのキャンパス周辺には、学生たちが住むアパート・賃貸マンションが多くあり、その一帯のことを「学生街」と呼びます。東京一円で学生街として知られているのは、早稲田大学の早稲田キャンパスがある高田馬場、西早稲田エリア、慶應義塾大学三田キャンパスのある田町エリアなどです。ここでは、学生街に住むメリットとデメリットについて紹介します。

学生街に住むメリット

学生街に住むメリット

学生街の良いところは、まず大学などのキャンパスに近いということがあります。朝ギリギリまで家にいることができますし、帰宅も時間をかけなくて済みます。徒歩や自転車などで通学できるので、交通費がほとんどかからないことも大きなメリットと言えるでしょう。学生街のアパート・賃貸マンションは、比較的リーズナブルな家賃が設定されているケースが多く、地方から出てきた学生にとっては、貴重なエリアと言えます。周囲には、同じキャンパスに通う学生が多いので、安心感もあります。

都心部にあるキャンパス周辺の学生街の場合、他のエリアの部屋と同じ間取りだったとしても、10,000~20,000円程安い場合もあります。便利さと快適さを両立させたところが学生街にあるアパート・賃貸マンションの最も大きなメリットであり、飲食店に関しても学生たちを対象にした店が多いので、ボリュームがあって安いお店が並ぶことが多いです。

学生街に住むデメリット

学生街に住むデメリット

デメリットを指摘するとすれば、友人たちのたまり場になりやすいことです。友人が集まる家になることを本人が気にしない場合は何の問題もありませんが、プライベートな時間をしっかり確保したいと思っている人は、学生街から少し離れた場所で部屋を借りることをオススメします。

メリットとデメリットを判断して部屋を借りよう

メリットとデメリットを判断して部屋を借りよう

学生街に住むにもメリットとデメリットが存在しますが、金銭面を重視するのであれば、間違いなく学生街のアパート・賃貸マンションに住むことが適切でしょう。友人知人と触れ合いやすい環境でもありますので、勉強を一緒に行なうことができることも学生生活においては大きなポイントと言えます。ただし、家ではゆっくりと静かに暮らしたい人にとっては、キャンパスから離れた立地のアパート・賃貸マンションに住む方が安心です。

金銭的な事情や、日々の暮らしにおける重要なポイントをしっかりと把握し、部屋を探すエリアを考えることが必要でしょう。

ページトップへ