賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

学生マンションで安心して暮らす



学生にとってありがたい存在が学生マンションです。家賃が比較的リーズナブルであることや、セキュリティ対策が整ったマンションが増えているなど、日々の暮らしを安心して過ごせる配慮が多いのが特徴です。ここでは、学生マンションで住むメリットと、住む際に大切にしたいポイントを紹介します。

学生マンションのメリットとは

学生マンションのメリットとは

地方から大学に進学した学生が部屋を選ぶときに、最初に考えるのが学生マンションへの入居かもしれません。1人暮らしをするための様々なメリットを得ることができる学生マンションの特徴を見てみましょう。

隣近所も学生
隣近所に住んでいる人は皆、学生ばかりですので仲間意識も生まれやすい面があり、友人知人を学生マンションで作ったという人も少なくありません。近しい間柄になれば、勉強道具の貸し借りもできますし、一緒に食事に出かけたり、学生ライフを満喫できることもあるでしょう。また、学生の間、同じ学生マンションで過ごす人も多いので、マンションでの1人暮らしでの注意点など、先輩から色々と教えてもらえるメリットもあります。
費用がリーズナブル
学生マンションの最大のメリットは、リーズナブルであることかもしれません。一般のアパート・賃貸マンションと同じ間取りだったとしても、いくらか安く設定されているのが一般的です。浮いたお金を光熱費や食費などに回すことができますので、家計を助けてくれるでしょう。さらに、引越しは何かと入用なのが常識ですが、学生マンションの場合、テレビやキッチン、エアコン、タンスなどが完備されているケースが多いのが特徴です。引越しの際に本来であれば負担しなければならなかった費用を抑えることも可能です。
セキュリティの充実
1人暮らしの学生にとっては、安全面への配慮は重要です。防犯設備がしっかり整っているかどうかは部屋選びの際の重要なテーマと言えるかもしれません。最近の学生マンションでは、そうしたセキュリティ対策が向上し、様々な体制が整えられています。オートロックはもちろんのこと、管理人が常駐しているマンションも少なくありません。また、24時間体制で防犯を行なうための監視カメラの設置も進むなど、1人暮らしの学生が安心して日常生活を送れるよう配慮されています。

日頃の心掛けも大切

日頃の心掛けも大切

1人暮らしをサポートしてくれる体制が整っているのが今の学生マンションの特徴ですが、大切なのは、安心して暮らすための日々の心掛けをしっかり持つことです。同年代同士のつながりとは言え、トラブルが起こらないとは限りませんし、ちょっとした気配りのなさがトラブルの種になってしまうことも想定しておくべきでしょう。ゴミを出す日はしっかり守り、深夜には大きな音を出さないようにし、廊下で他の学生とすれ違うときには挨拶をするなど、日頃から節度ある行動をすることも大切です。

ページトップへ