賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸建物の設備や環境をチェック



アパート・賃貸マンションの防犯対策はどの程度、取られているものなのでしょうか。新築物件の場合、最近は防犯対策が大きなテーマになってきています。ただ、そうした設備面があることで安心してはいけません。空き巣などの犯罪はそうした安心感に付け込むものだからです。ここでは、賃貸物件のエントランス、駐輪場、ゴミ置き場の防犯対策において、お部屋を借りる際にチェックするべきポイントを紹介します。

エントランスの防犯対策

エントランスの防犯対策

まずは、建物のエントランスがオートロックかどうかで大きく違います。しかし、オートロックの場合でも、誰かといっしょに入ることはできてしまうので、エントランスが道路から奥まっていないか、死角がないかも確認しましょう。また、エントランス付近に管理人が24時間常駐している場合は安心できますが、そうでない場合は、監視カメラが設置されているかなどもチェックしましょう。

エレベーター

最近のエレベーター内にはカメラが設置されており、その様子を1階のモニターで確認できるタイプのものが増えています。このタイプであれば、エレベーター内に不審者がいないかを確認できるのでひとつの安心材料になります。

ポスト

郵便ポストが、誰でもアクセスできてしまう位置にあると防犯上問題がありますので、女性の場合は、そのような賃貸物件を避けた方が良いでしょう。オートロック扉内にあり、外からアクセスできないポストが用意されている物件を探すようにしましょう。

駐輪場の防犯対策

駐輪場の防犯対策

駐輪場に置いていた自転車を盗まれるという被害は決して少なくありません。まずは、駐輪場が道路に面しているか、または建物の1階に位置しているかを確認しましょう。

道路に面していてあまり明るくない場合は、自転車の盗難に遭う確率が高くなってしまいますが、防犯カメラが設置されたマンション1階であれば比較的盗難の確率が下がると言えます。

ゴミ置き場の防犯対策

ゴミ置き場の防犯対策

ゴミ置き場が暗がりの中にあるマンションは少なくないでしょう。こうした立地条件は、防犯上良くないと言えます。ゴミの不法投棄はもちろん、個人情報のデータ類が盗まれ、ストーカー被害につながってしまう可能性もあります。ですから、1人暮らしの女性は特に、ゴミは収集される直前に出すように心掛けることも大切です。同時に、監視カメラが設置され、それが正常に作動しているかどうかを管理会社に確認するようにしましょう。ゴミ置き場が、外部から死角になっているアパート・賃貸マンションは多いので、注意しましょう。

ページトップへ