賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

部屋の内部をチェック



防犯対策は、やり過ぎて問題になることはほとんどありません。空き巣などは様々な手口や方法で住居侵入を試みるものですから、日頃からの高い防犯意識を持ち具体的な対策を取る必要があります。ここでは、アパート・賃貸マンションにおける玄関の鍵の種類や防犯方法、ベランダ、窓からの侵入への対処法について紹介しましょう。

鍵の種類

鍵の種類

部屋の鍵にはどんな種類の物があり、それがどんな効力を発揮するのか、アパート・賃貸マンションを借りる前にあらかじめ把握しておくことが犯罪防止につながります。ここでは、様々な鍵の特性を紹介しましょう。

ディスクシリンダー錠

鍵穴が「く」の字の形をした鍵のことです。これは日本の玄関に設置されている鍵の中で最も多い種類になります。ただし、それだけ広く出回っていますので、ピッキング被害を最も受けやすい鍵と言い換えることもできます。

ピンシリンダー錠

鍵穴の内部にあるピンと鍵が合わさることで解錠する仕掛けになった錠前のことです。ピンの数が多くなればなる程解錠が複雑になるということですので、ピッキング対策に大きな効果があると言えます。

ディンプルシリンダー錠

ピンシリンダー錠のひとつで、鍵に複雑なくぼみがあり、それが鍵穴内部のピンと組み合わさることで解錠する仕掛けになっています。ピッキング対策において最も効果的な錠前とされています。

鍵の防犯対策

鍵の防犯対策

鍵その物による防犯だけではなく、対策方法は様々です。ここでは、鍵を使った防犯対策の方法をご紹介します。

1ドア2ロック

1ドア2ロックとは、ひとつのドアに2つの鍵をかけるということです。単純な話になりますが、ピッキング犯は錠前をあける際に時間をできるだけかけないようにするので、鍵を2つ付けておくことで時間をかけさせ、侵入をあきらめさせる効果があります。

部屋内にある錠のつまみを保護する

鍵を内側からロックするためにはつまみ(サムターン)を回すことになりますが、それを外側から行なおうとする行為をサムターン回しと呼びます。窃盗犯の手口として、錠前の周りにドリルで穴を開けたり、ドアのポストから道具を差し込んだりして、サムターンを回そうとする場合があります。サムターンを外側から回せなくするために、サムターンカバーを装着しておくと良いでしょう。

ベランダの防犯対策

ベランダの防犯対策

空き巣被害の侵入経路は、多くの場合、窓から侵入しています。ベランダは外部から死角になっている場合がありますので、まずはベランダに侵入させないための対策が必要になります。

高層階でも鍵は必ず締める

空き巣などの住居侵入は1階だけで起こるとは限りません。ビルやマンションを伝うことで高層階の部屋に侵入することも少なくありませんし、むしろ、高層階の方が防犯意識が薄い傾向にありますので、空き巣にとっては狙い目なのです。どんな部屋に住んでいるかに関係なく、ベランダの窓の鍵は必ず締めるようにしなければなりません。

女性の1人暮らしと思わせない

洗濯物を干す際には、女性の1人暮らしということを知られないように心掛け、男性物の下着を吊るしておくことは今も昔も変わらない防犯対策のひとつです。さらに、カーテンも女性らしさをあまり感じさせない色柄の物を使うと良いでしょう。

センサーを使う

窓を開けると音が鳴ったり、人が窓に近づくと発光するライトなど、センサーを設置しておくと防犯効果は高くなります。

窓の防犯対策

窓の防犯対策

窓からの侵入手口としては、窓に設置されているクレセント錠の周辺を割り、手を差し込んで鍵を解錠する「ガラス破り」が多くのケースを占めています。そこで、クレセント錠だけに頼るのではなく、窓の上と下の2ヵ所に鍵を付けると良いでしょう。空き巣が力ずくで侵入を試みても時間を必要としますし、大きな音を立てれば近所からの不審を招くことにもつながりますので、空き巣を撃退させることもできるでしょう。また、ガラスを割られないようにするために、防犯フィルムを貼るのもひとつの対策になります。

ページトップへ