賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

周辺環境のチェック



賃貸お部屋選びの際には、周辺環境がどうなっているのかをチェックすることが大切です。住宅街だから安心、繁華街だから危ない、という考え方は正しくありません。大切なのは、地域の防犯体制がどうなっているのか、最寄駅から部屋まで安全な帰宅ルートを確保できるのかなど、住まいの周辺環境を正しく把握することにあります。ここでは、家の周りの雰囲気や帰宅ルートの考え方などについて紹介しましょう。

住宅街と繁華街、どちらが安全でしょうか

住宅街と繁華街、どちらが安全でしょうか

アパート・賃貸マンションを選ぶ際に、住宅街が良いのか、繁華街が良いのか、迷うところではないでしょうか。どちらにも一長一短があり、どちらが安全ということは言いきれません。

住宅街の場合、一見すると安全なエリアと感じることでしょう。しかし、空き巣などの犯罪はこうした閑静なエリアを標的にするケースが多くあり、住宅街だから安全・安心とは言い切れないのが実情です。

また、繁華街の場合は、会社の事務所や夜のお店などが近くにあるということは、様々な人が出入りするエリアということになります。それだけ犯罪が起こりそうな雰囲気がありますが、周囲が賑やかだからこそ空き巣などは敬遠するという捉え方もできます。判断の難しいところですが、近くに交番があったり、警察官の巡回エリアになっていたり、住民が一緒に防犯活動を行なっているなど、地域全体での防犯意識が高いのか低いのか、そのエリアの防犯体制について、お部屋探しを行なうときに確認しておくことが大切になるでしょう。

部屋の外を確認しよう

部屋の外を確認しよう

1人暮らしの部屋の多くは、道路に面して窓や玄関が設置されているケースが多いでしょう。見晴らしの良さが一番のメリットですが、逆に考えればそこに部屋があることをさらけ出しているとも言えるのです。空き巣などの犯罪は、1人暮らしなのか、窓に鍵はかかっているのかなど、あらかじめ下見を行なうのが常套手段です。ですから、部屋に面した道路側に、人が隠れられるスペースがあるかどうかを事前に確認するようにしなければなりません。建物の外にゴミ置き場が設置されている場合などもありますので、不審者にとっては格好の隠れ場所と言えます。そうしたスペースがある場合には、不審者がいないかどうか、日頃から警戒心をもってチェックすることが大切です。

複数の帰宅ルートを設定しよう

複数の帰宅ルートを設定しよう

通勤通学を電車で行なっている人は、帰宅の際に最寄駅からバス、あるいは徒歩で帰宅することになります。バスを利用している人でも、最寄りの停留所に止まったあと、自分の家まで歩かなければならないでしょう。そうしたときに気を付けるべきなのが、暗がりです。人目に付かない暗がりや公園などが家の近所にある場合、より防犯の意識を強く持つことが大切になります。そこで、帰宅ルートを考える際には、少しでも早く帰宅したい気持ちは強いものですが、まずは安全面を考慮してルート設定するようにしましょう。できるだけ街灯が付いている道を歩き、暗がりのある公園などには立ち寄らないことが重要です。また、毎日同じルートを通って帰ることも避けた方が良いでしょう。いくつもの帰宅ルートをあらかじめ設定しておき、それらの帰宅ルートをランダムに選んで歩くようにすることが大切です。

ページトップへ