賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

初めての1人暮らしにピッタリな家電選び



1人暮らしを便利かつ豊かにしてくれるものが家電です。様々な機能を備えた家電が販売されていますが、1人暮らしに必要な機能はそれ程多くありません。最低限必要な機能を備えた家電を選ぶことが大切で、大型量販店などでは冷蔵庫や掃除機などをセットにした「家電セット」も販売されていますの、そちらを購入することもオススメです。ここでは、テレビや冷蔵庫などの必需品の賢い選び方を紹介しましょう。

テレビは値ごろが大切

テレビは値ごろが大切

部屋にテレビはいらないという人もいますが、新生活を始めるにあたって、テレビは必需品のひとつでしょう。テレビ選びで気を付けたいのは、サイズです。大型量販店で見ているとあまり大きく感じないテレビも自宅に配置すると思ったより大きく感じることがあります。ですから、部屋のサイズを十分確認したうえで、購入するようにしましょう。また、最近のテレビはインターネットにつなぐことができるなど様々な機能がありますが、その多くは普段の生活ではあまり使用することはないかもしれません。欲しい機能をできるだけ抑えることで、手ごろな価格帯のテレビを見付けるようにしましょう。

冷蔵庫は100リットルサイズがベター

冷蔵庫は100リットルサイズがベター

自炊する、しないにかかわらず、冷蔵庫は必須の家電です。購入に際して気を付けたいのは、やはりサイズです。普段の生活でどの程度の食材や飲み物を冷蔵庫に保存するかが大きなポイントです。あまり自炊をしないという人であれば、食材を保存することはあまりありませんから、飲み物や少しの食品を保存できるコンパクトな冷蔵庫をオススメします。ただし、長く住むうちに自分で料理を作るようになったりするものなので、最初に自炊をしないと考えている人でも、100リットルサイズくらいの冷蔵庫を基準に選ぶと良いでしょう。

洗濯機は機能と電気代を考えて選ぼう

洗濯機は機能と電気代を考えて選ぼう

静かな回転音や洗濯時間が短い機種など、機能面で優れた洗濯機が登場しています。ただし、最も大切なのはサイズです。設置スペースは限られているので、適切なサイズのものを第一の判断基準にした上で、静音や時間短縮など、どうしても欲しい機能を備えた洗濯機を探すと良いでしょう。また、ドラム式、縦型などのデザインの違いがあるように、洗濯機の機種によって電気代の負担も変わってきます。それぞれに一長一短があるものですので、購入の際に確認するようにしましょう。

電子レンジは1人暮らしの強い味方

電子レンジは1人暮らしの強い味方

1人暮らしは、何かと自分1人でしなければならないものです。自炊をしたいと思っていても、なかなかキッチンに立てないことも多いことでしょう。そんなときに重宝するのが電子レンジです。最近ではレンジ調理できる食品が数多くありますので1人暮らしの頼もしい味方といった存在になるはずです。電子レンジにも様々なタイプがあり、ピザや唐揚げを作ることができるスチームオーブンの機能を備えたものや、純粋に料理を温めるだけのタイプなど色々あります。機能面が充実している電子レンジ程、販売価格は高くなりますので、毎日の生活でどれくらい使用するかを十分に考え、価格と機能面の折り合いをつけて購入することが大切です。

炊飯器は炊く量に合った機種を

炊飯器は炊く量に合った機種を

1人暮らしの場合、1回で炊くご飯の量は2~3合が一般的です。機能面や大きさなど、家電売り場に行くと様々なタイプのものが販売されていますが、ご飯を多く炊きすぎると、食べ残しが多くなってしまいがちです。炊飯器にも様々な機能がありますが、それぞれメリットとデメリットを考慮し、炊けるご飯の量がどれくらいなのかを購入の第一ポイントにしましょう。

ページトップへ