賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

初めての1人暮らしにピッタリな家具選び



生活する上で家具選びは大切なポイントです。インテリアショップに行くと様々な製品が販売されており、思わず目移りしてしまいます。ただし、家具はどうしても部屋のスペースを取ってしまうので、最低限必要なものを揃えることが大切です。ここでは、揃えるべき家具やリースについて紹介します。

必要最小限のものを揃える

必要最小限のものを揃える

家具選びの際に注意したいのは、"必要最小限のものを揃える"ということです。部屋の大きさに応じて置ける家具の数は決まってきますし、サイズの大きいものを置いてしまうと部屋の中を移動することもわずらわしくなってしまうでしょう。ここでは、部屋の中に置いておきたい家具を選りすぐってご紹介します。

ベッド
ベッドは家具の中でも大型の部類なので、家具を購入する際には最初に検討します。お部屋のサイズ的に、本当にベッドが置けるのかどうかは重要です。もし、6~8畳のワンルームの場合は、ベッドかソファの、どちらかしか置けないと思った方が無難ですし、どうしてもと言う場合は、2つの機能を併せ持ったソファベッドにするという手もあります。また、1人暮らしでベッドを置く場合は、ベッドの下に収納スペースがあるものを選ぶと効率的でしょう。
テーブル
1人暮らしの場合は、脚の低いひとつのテーブルですべてをまかなうのがベストです。食事をしたりテレビを見るとき、勉強やちょっとした作業をするときなど、何かにつけてテーブルが必要になります。また、部屋を有効活用するために、脚を畳んで移動できるものが使いやすいと言えます。1DKなど部屋の大きさに余裕がある場合は、パソコンデスクやダイニングテーブルを購入することで、ライフスタイルにメリハリが出るでしょう。
ソファ
1人暮らしの憧れのインテリアに、ソファが挙げられます。座椅子の延長にある背の低いものから、1人掛けや2人掛け、ソファベッドまで種類は様々です。座り心地の良い大きめのソファを置きたいところですが、テーブルとの相性や、部屋のサイズのことをよく考えて選ぶようにしましょう。また、大きめのソファの場合、入口から搬入できない可能性もあるので注意しましょう。

家具リースの活用術

家具リースの活用術

1人暮らしをする人に大変便利なのが家具のリースです。必要最低限の家具を揃えると言っても、購入費用は決して小さくありません。テーブルやソファなどの家具をまとめてレンタルすることで、家具を購入するよりも安く抑えることができますし、引越しの手間も省くことができます。家具リースの会社はたくさんあり、30日から1年以上など、リース期間も様々に選ぶことができます。さらに、品数も豊富なので、部屋の中のインテリアにこだわる人にとっても重宝する存在です。リースを選ぶ人に、特にオススメなのが、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家電や、ソファ、ベッドなどの家具をセットにしたリースです。セット価格がリーズナブルに設定されているので、出費をできるだけ抑えたい人にうれしいサービスと言えるでしょう。

ページトップへ