賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

失敗しないSOHO物件選び



住むためだけではなく、仕事も行なえるSOHOの部屋を探す人は、様々なポイントをチェックした上で部屋を探さなければなりません。快適な住まいをとことん望んだり、その上で仕事場としての充実した環境を求めすぎると、家賃の高い賃貸物件を探さなくてはなりません。ですから、最低限必要な機能や設備が整っているかを判断基準にすることが大切です。ここでは、SOHOの部屋選びの際に注意したいポイントを紹介します。

部屋の間取りを確認しよう

部屋の間取りを確認しよう

住居と事務所は、それぞれ別の部屋にすることが重要です。住居として活用することを考えれば、ベッドや布団を敷くエリアを確保しなければいけませんし、仕事をするための部屋にはパソコンや机、来客者用のソファなどを完備しなければいけないでしょう。それぞれに必要なものを同じ部屋に置いて、1部屋を間仕切りなどで2つに分けることもできますが不便さは否めません。ですから、広めの1DKを借りるのではなく、部屋は狭くても最低でも2DKの賃貸物件を探すことが大切になるでしょう。

通信回線は通っているか

通信回線は通っているか

1人で仕事をするのであれば、通信回線が整っている物件でなければならないでしょう。最近は築年数の古い物件でも、ブロードバンド対応インターネット回線が開通しているケースが増えてきていますので、そういった物件を探すようにしましょう。

電源はどれくらいあるか

電源はどれくらいあるか

仕事用のスペースでは、電話回線の差し込み口やコンセントがどれくらい完備されているかを把握しなければなりません。仕事用の部屋にしようと考えていたのに、電話回線は別の部屋にあり、なおかつ、コンセントの口数が少ないとなると、仕事の効率を妨げることになります。大型コピー機などを使用する場合は、電源の容量はどれくらい使えるのかもしっかりと把握しましょう。

防音対策は施されているか

防音対策は施されているか

部屋の中で仕事をしているということは、一日中、部屋の中で音が発生するということになります。それは、パソコンのキーボードを叩く音であったり、紙をプリントアウトする音、電話の際に話す声など、様々でしょう。ここで気を付けたいのは、隣の住人に音がどれくらい聞こえるかということです。一般の住居用として建てられた賃貸物件であれば、苦情の原因になってしまう恐れもあります。住居として借りる場合でも伝わり具合はチェックするものですが、SOHOとして利用するのであれば、より厳密にチェックするようにしたいところです。

SOHO専用の物件を借りる

SOHO専用の物件を借りる

フリーランスで仕事をする人が多くなっている中、住居と仕事を兼用できるSOHO住宅が建てられるようになりました。これはあらかじめ部屋の使い方を2通り設定したもので、ひとつの部屋の中に階段を設け、仕事場と住居を上下に分けているメゾネットタイプや、玄関を2つ設置していたり、インターネット回線も充実しているなど、仕事と住居を効率良く行なえるような仕組みになっています。SOHOの部屋選びをするのであれば、こうした物件も選択肢のひとつに加えると良いでしょう。

ページトップへ