賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

防音対策と部屋選び



ピアノやギター、ダンスが趣味という人は多くいますし、休みの日に大音量で音楽を流し、リラックスした時間を過ごしたい人もたくさんいます。ただ、そうした趣味は、音が近隣住民の耳に届けば騒音トラブルの大きな原因になってしまうでしょう。そうした場合、対策としては防音設備の整った部屋を借りたり、騒音トラブルにならないための配慮が必要になります。ここでは、そうした防音対策や騒音トラブルへの対処法について紹介します。

分譲賃貸を探す

分譲賃貸を探す

分譲マンションを賃貸できる分譲賃貸物件をご存知でしょうか。これは、分譲マンションに住んでいる人が長い期間、家を離れるときに貸出したり、部屋を投資目的で購入して賃貸に出すなど様々な形があり、こうした物件は比較的に防音設備が整っている場合が多いです。ギターやピアノなどの大きな音がする趣味を持っている人にとっては、ありがたい存在と言えるでしょう。分譲マンションを購入するとなると、数千万円からの資金が必要になりますが、分譲賃貸であれば、決して安い訳ではありませんが、月々決められた家賃を払えば住むことができますので、コスト的にもメリットが大きいと言えます。最近は、防音設備が整っている物件のニーズが高まっていることもあり、そうした新築物件が多く登場しています。防音対策をお部屋探しの重要ポイントに考える場合、こうした分譲賃貸を探すのもひとつの手です。

防音小部屋を作る

防音小部屋を作る

借りた部屋を改装し、防音の小部屋を作ることもひとつの方法でしょう。この場合、改装が許されているのかオーナーに確認しなければいけませんが、部屋の中に防音小部屋を設置しておけば音の出る趣味を思う存分、楽しむことができます。その際、気を付けなければいけないのが、楽器などの練習用として考えているのか、あるいは、音楽を大音量で流したいのか、ダンスの練習するための部屋なのかなど、どういった種類の音を出すのかということです。それによって防音工事の方法や施工賃は変わってきますので、出す音を明確にして手間と経費をかけないように配慮することが大切です。

騒音トラブルの対処法

騒音トラブルの対処法

騒音トラブルはアパート・賃貸マンションにおいて多いトラブルと言えます。ちょっとした生活音が出るだけでも騒音と認識する人がいますので、ピアノやギターの音はかなりの騒音として受け取られてしまいかねません。そうしたケースでは、部屋の中で楽器を使うことは避けた方が賢明です。ですから、ピアノの演奏が許可されている物件に住むなど、騒音トラブルが発生しないように事前に対応しておくことが大切でしょう。ただ、それでも音の大きさによっては、クレームの対象になってしまうことが考えられます。こういったケースでは、近隣住民との間で事前に話合いをしておくことをオススメします。深夜の楽器の演奏は論外ですが、例えば"日中の12~16時の間は楽器の練習をしたい"と申し出て、許可を取る方法です。集合住宅に住む者の義務として、しっかりと対処をするようにしましょう。

ページトップへ