賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

1人暮らしのコツ 収納編



収納には、様々な種類がありますが、テクニックを用いれば、多くの物をしまうこともできますし、部屋の中のインテリアとして活用することもできます。ここでは、クローゼットやシューズボックスの有効活用法を紹介しましょう。

収納場所は"目印"に関連付けよう

収納場所は目印に関連付けよう

100円均一ショップなどに行けば、収納するための様々なグッズが販売されています。大切なのは、これらを部屋のどこに置くかということです。保管するためだけに収納グッズを使用すると、捨てられない物がどんどんと溜まり、部屋が散らかっていく大きな要因になってしまいますので、収納グッズを置く場所を明確に決めることが大切です。その候補になるのは、テレビや机、ソファの下、冷蔵庫周り、普段良く使用する電化製品や家具類など、大きな目印となる物の周辺が該当します。クローゼットの高さに合わせて横に並ぶように収納スペースを確保するのも良いでしょう。

この際に気を付けたいのは、できるだけ生活動線に収納を置かないことです。取り出すときの手間を考えて、ついつい近くに置いてしまいがちですが、部屋の中にある多くの物は普段使用しないものばかりです。ですから、普段使いの物はソファの下に保管し、外出の際に使う物はクローゼットの横、料理を作るために必要な物は冷蔵庫まわりに保管するなど、収納物を部屋の中の目印に関連付けて保管することが大切です。

クローゼットの活用法

クローゼットの活用法

クローゼットは、内部に細かく棚があるものと、ハンガーをかけられるだけのものがあります。棚がある場合でも、そのまま衣類を詰め込んでしまうと整理整頓が難しくなります。棚は、細かく区分けされている訳ではありませんから、大小様々な収納ボックスを使って、衣類や小物を分類するようにしましょう。

クローゼットの中に棚のない場合は、引出しタイプで大きめの収納ボックスを重ねてクローゼット内に"衣類タンス"を作ってみましょう。クローゼット内に大きな空間があると、どうしても物を詰め込んでしまいがちなので、自分で収納ボックスに入れる物の種類を決めることが、上手で使いやすい収納方法となるはずです。

シューズボックスの活用法

シューズボックスの活用法

シューズボックスにも様々なタイプが存在しますが、靴が多い人は、あっと言う間にいっぱいになってしまうかもしれません。そのようなときは、靴を上下に重ねて省スペース化を図る、収納ボックスを使ってみましょう。

また、靴を全部入れてもシューズボックスに余裕がある場合は、1人暮らしのお部屋の収納は限られていますから有効活用するようにしましょう。傘類やレジャー用品、工具類や外で使用するものであれば、靴といっしょに収納しても気にならないはずです。

ページトップへ