賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

家族計画をしっかりと考えた賃貸お部屋選び



ファミリー世帯が賃貸のお部屋探しをするとき、一番ポイントとなるのは「子供のこと」ではないでしょうか。子供がいる場合といない場合では、条件も大きく変わりますし、子供の人数によっても、変わってくるでしょう。「今後どのような生活をしていきたいか」を夫婦できちんと話し合うことは、部屋選びのためにも非常に大切です。夫婦だけのときはとても便利だった部屋でも、「子育てには向いていなかった…」という場合があるからです。子供は何人欲しいか、どんな子育てをしたいかなど、あらかじめ夫婦でイメージを共有してから部屋選びをすると良いでしょう。

子供の人数・成長に対応させる部屋

子供の人数・成長に対応させる部屋

ライフスタイルの変化に応じて住むところを変えられるのが賃貸の魅力です。だからと言って、子供が増えたり、成長するごとに引越しをしなければならないという事態だけは避けたいものです。簡単に部屋数を増やすことはできませんが、リビングなどにある程度広さがあれば、間仕切りなどを上手に利用して、独立した空間を作ることもできます。

赤ちゃん~小学校低学年
子供が小さいうちは、親の目の行き届くところで遊ばせるほうが何かと便利です。リビングの一角を子供用のカーペットなどで区切って遊び場にするのも良いですし、リビング隣にある和室を使うのも良いでしょう。小学校低学年頃までは子供部屋を作らずに、勉強をさせるのもリビングのほうが親も楽と言えるでしょう。ダイニングテーブルを勉強机代わりにし、教科書やランドセルなどはリビングに小さな棚を作って子供に置かせるようにすれば整理整頓のくせづけもできます。
小学校中学年~思春期前
小学校3~4年生頃になると、子供も自分の部屋を欲しがるでしょう。とは言え、まだまだ1人にするのは、子供も親も不安です。リビングダイニングに近い部屋を子供部屋にするのが一番便利ですが、リビングの一角を小さな子供部屋にするのもオススメです。あまり高さのない収納家具で仕切れば半個室のようになり、子供も親も満足できる部屋になるはずです。
思春期以降
思春期を迎える子供には、個室を与えたいものです。リビングに近いと親も子供も何かと気を遣いますから、家族が集うリビングとは少し離れた部屋がオススメです。

和室のメリット

和室のメリット

夫婦2人のときはあまり必要性のない和室も、子供のいる家族にとっては非常に便利です。赤ちゃん時期は寝返りして布団からはみ出しても、ハイハイしたり、よちよちと歩くようになってつまずいても、畳なら比較的安心できるはずです。目の届きやすいリビングの隣に和室があると便利ですが、和室に布団を敷いて寝る場合は、リビングとは離れていた方が楽でしょう。

さらに和室のみの賃貸物件はフローリングに比べて家賃が安めというメリットもあります。何かとお金のかかる子育てファミリーにとっては、うれしいポイントと言えるでしょう。

ページトップへ