賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸VS分譲



出産や子育てをきっかけに引越しするファミリーは多く、家を「借りる」から「買う」というケースも多いでしょう。子育ての面から、賃貸マンションVS分譲マンション、 賃貸一戸建てVS新築一戸建て、それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

賃貸マンションVS分譲マンション

賃貸マンションVS分譲マンション

子供部屋が必要になる子育てファミリーにとっては、3LDK以上の広さが欲しいところです。しかし、3LDK以上の賃貸マンションは数が少なく、家賃が高い場合が多いでしょう。子育ての環境も気にすると、選択肢はより少なくなるかもしれません。しかし、子供が増えたり、教育環境を変えたいと思ったときに気軽に動けるのが賃貸マンションの良さです。子供が増えて部屋数が足りなくなったときも対応できますし、より良い教育環境を求めて動くこともできます。

一方、分譲マンションは3LDKの物件が主流ですから、選択肢も多くなります。さらに、食器洗浄機などが標準設備になっていることも多い上に、最近ではキッズルームを併設した分譲マンションも多く、特に小さな子供を育てているママには見逃せないポイントと言えます。しかし、何かとお金がかかる子育てファミリーには、購入費用は大きな負担になります。さらに子育て環境を簡単に変更することができないのもデメリットです。特に子供が学校になじめないなどという場合は、転校して環境を変えることも解決策のひとつですが、分譲マンションの場合は、その決断も難しくなります。

賃貸一戸建てVS新築一戸建て

賃貸一戸建てVS新築一戸建て

子育てファミリーにとって、階下への足音を気にしなくて良い一戸建ては非常に魅力的です。ですが3LDK以上の賃貸マンションと同じく、賃貸の一戸建ても数は多くありません。ただし気に入った賃貸一戸建てに入居できれば、少ない初期費用でマイホームに住んでいるような気分を味わえるはずです。

一方、新築一戸建てなら増改築も自由なので、庭を半分にして子供部屋を造るといったことも可能です。ライフスタイルに合わせて、自由にリフォームできるのはマイホームのメリットだと言えるでしょう。しかし、多額の購入費用を負担しなければならないのはデメリットです。その上、子供のために教育環境を変えたいと思っても、新築一戸建ての場合は気軽に引越しができません。

マンションか一戸建てか

マンションか一戸建てか

では子育てファミリーにとって、マンションと一戸建てなら、どちらが良いのでしょうか。 騒音を気にするなら、一戸建てがオススメです。小さな子供は走り回ったり、高いところからジャンプしたり、大きな声を出したりなど、親が注意してもついやってしまいます。音を気にしなくて良い一戸建てなら親も気が楽です。また子育てファミリーにとっては、自家用車を所有することを考えると、駐車場代がかからない一戸建ては魅力的です。車を所持している限り、駐車場代は一生払い続けなければなりませんから、総額で考えるとかなり大きな出費になります。

一方、両親が共働きで、子供に留守番をさせることも多い家庭ならば、セキュリティがしっかりしているマンションがオススメです。管理人が常駐していれば、さらに安心かもしれません。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、しっかりと検討しましょう。

ページトップへ