賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

住みたい街の特性を知る



子育てファミリーが賃貸でお部屋を探すとき、間取りなどはもちろんですが、その街が「子育てしやすいかどうか」も大きなポイントになります。子供が小さいうちは近くに公園があれば便利ですし、共働きなら保育園や学童など、子供を預けられる施設があるかどうかも知っておきたいところです。ここでは、子育てしやすい街かどうか知るためのポイントをまとめました。

情報を集めるには?

情報を集めるには?

幼稚園や保育園、小学校、中学校などの情報や、子育てサークルなどの子育て支援情報は、その自治体のホームページに掲載されています。まずはホームページをチェックしましょう。また子供の医療費助成を調べておくのもオススメです。子供の入院費や治療費を助成してくれるこの制度はほぼ全国の自治体で導入されていますが、対象年齢や所得制限などの条件は、各自治体によって異なります。さらに一旦病院で医療費を払ったあとに手続きをすると助成金分が戻ってくるシステムと、病院で自己負担分だけを支払うシステムの2つがあり、これも自治体によって様々です。子供が小さいうちは病院にお世話になる回数も多いので、調べておくと安心です。

住んでいる人の生の声を聞きたいなら、口コミサイトやQ&Aサイトも便利です。過去に同じような口コミや質問が投稿されていることも多いので、まずは検索してみましょう。住みたい街の良い点も悪い点も見えてくるはずです。

実際に足を運ぶ

実際に足を運ぶ

住みたい街が見つかったら、実際に足を運んでみましょう。地図だけでは分からなかった情報も見えてくるはずです。例えば近くに公園があったとしても、行ってみたら、誰も遊んでおらず、遊具もボロボロだった…ということもありえます。実際に足を運んだ際に見るべきポイントを知っておきましょう。

家の前の道幅、交通量は?

ベビーカーを押して歩くのも、子供が小学校へ通うのも、できるだけ交通量が少ないほうが安心です。しかし実際に行ってみたら、想像以上に道幅が狭く、交通量が多かったということもある他、休日は交通量が少なかったのに、平日は車の量が多いということもあります。できれば休日と平日、両方の交通量を見ておきたいものです。

近所の公園に子供はいるか? どのくらいの年齢層か?

近所に公園があっても、子供たちの年齢層が高いと、誰も遊んでいないということもあります。また中高生のたまり場になっていて、小さな子供を遊ばせることができないという場合もあります。引越し後の子供のことを考えると、できれば同じくらいの年齢層の子供が多くいると安心でしょう。

子育てサークルに参加してみる

参加が可能であれば、自治体が主催する子育てサークルに実際に足を運んでみるのも良いでしょう。そこで生の声を聞くこともできますし、街の雰囲気もある程度感じることができるはずです。

ページトップへ