賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

子育てファミリーがテラスハウスや
1階を選択するメリット



アパート・賃貸マンションで生活する際、子供がいる家庭で悩みの種となるのが騒音問題です。部屋を走り回ったり、ソファからジャンプしたり、大声で泣いたり、と大人が注意してもこれらの音を完全に防ぐのは不可能でしょう。階下・上から「足音がうるさい!」とクレームが入り、気に入っていたけれど泣く泣く引越した…というケースも少なくありません。子供が小さいうちは、一戸建てに近いテラスハウスや、階下の住人がいないアパート・賃貸マンションの1階というのも選択肢に入れましょう。

テラスハウスのメリット

テラスハウスのメリット

テラスハウスとは、一戸建てが複数つながったように建てられた集合住宅のことです。2階建てのものが多く、戸建感覚で住むことができます。上下階には家族が住むので、上階の子供の足音をさほど気にする必要もありません。庭や駐車場もあることが多く、小さな子供がいるファミリーには使い勝手の良い賃貸物件と言えるでしょう。また一戸建てより賃料が安いことが多いのもうれしいメリットと言えます。

ただし、上階の音はさほど気にしなくて良いものの、構造によってはお隣とは壁で仕切られているだけということもある他、テラスハウスは木造が多いため、音が予想以上に響いてしまうということもあります。テラスハウスとは言え、あくまでも集合住宅ですから騒音への配慮は必要です。

アパート・賃貸マンションの1階に住むメリット

アパート・賃貸マンションの1階に住むメリット

子供がドタバタと走り回っても、さほど気がねする必要がないのがアパート・賃貸マンション1階の良いところです。走り回ったりジャンプしたりするたびに注意しなければいけないストレスもないので、親もゆったりとした気持ちでいられます。また万が一、子供が窓によじ登ったとしても、1階なら大きなケガになることは比較的少ないと言えるでしょう。窓からの眺望は期待できませんが、子供の安全を考えるなら1階のほうがオススメです。

さらに何かと荷物の多い子育てファミリーにとっては、荷物を運び入れやすいというメリットもあります。買い物や散歩へ行くたびに、ベビーカーを持ち、子供を抱っこしながら階段で昇り降りするのは一苦労です。1階ならそのまま玄関なので、外出するのも苦ではなくなるでしょう。

賃貸マンション共用部の上もねらい目

賃貸マンション共用部の上もねらい目

2階でも下階が住居でなければ、子供の足音に神経質にならなくて済みます。例えば自転車置き場や、玄関ロビーなどの上に住居のある賃貸マンションなら安心でしょう。また賃貸マンションとは言え集合住宅ですから、あまりにもひどい騒音はNGですが、下階やお隣が同じような年齢の子供がいれば、"お互い様"という気持ちになりやすいはずです。子供にとっても親にとっても心地良く暮らせるよう、最低限のマナーは持つようにしましょう。

ページトップへ