賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

DINKSの上手な部屋選び



DINKSとは、Double Income No Kidsの頭文字をとったもので、「共働きで意識的に子供を持たない」夫婦のことを指します。夫婦ともバリバリと働き、子供がいない世帯にとっての賃貸お部屋選びは、シングルやファミリー世帯とはまた違った視点が必要です。「働くこと」が2人の生活の中心となるDINKSは、「いかに働きやすい環境を整えるか」を念頭に部屋選びをすることが大切です。

お互いの通勤時間を考える

お互いの通勤時間を考える

夫も妻も忙しく働く2人にとって、時間を有効に使うことは非常に大切です。特に通勤時間をできるだけ短縮したいという気持ちは、働く人なら誰もが考えることかもしれません。まずはできるだけ駅近の賃貸物件を探してみましょう。DINKSにとっては、家賃が多少高くなっても、通勤時間の短縮は大きなメリットがあるはずです。お互いの会社の中間地点で、さらに夜遅くまで開店しているスーパーやコンビニが近くにあれば、DINKSにとってはベストな立地と言えるでしょう。

DINKSに最適な間取りとは?

DINKSに最適な間取りとは?

DINKSの場合、間取りは1LDK~2LDKとなることが多いようですが、どのように選べば良いのでしょうか。

これには夫婦の考え方はもちろんですが、お互いの生活スタイルを考慮する必要があります。例えば「お互い忙しくても夫婦の時間はしっかり取りたいから」と夫婦の寝室を同じにして1LDKを選んでも、起床時間や睡眠時間がバラバラでは身体的にも精神的にも負担になってしまうはずです。そんな場合はあえて寝室を別にする2LDKを選んで、休日は一緒に過ごせるようリビングを快適にする、などの工夫が必要でしょう。暮らす部屋によって、夫婦の距離感も変わってしまうこともありますから、最初にしっかりと話し合いをし、暮らしながらお互いの生活リズムを作っていくと良いでしょう。

また料理が趣味ということでなければ、DINKSにとってキッチンは必要最低限の設備さえあれば良いかもしれません。忙しい2人が毎食料理を作ることはあまりないでしょうから、キッチンの広さなどもあまり重視する必要はないでしょう。

日当たりは気にしなくて良い?

日当たりは気にしなくて良い?

部屋選びの際は、間取りや立地などの他にも、日当たりを気にする人は多いです。1日の多くを過ごす部屋ですから、誰もが日当たりが良く、風通しの良い物件を希望するかもしれません。しかしDINKSの場合は、あえて日当たりを考慮せずに、北向きの部屋を選ぶという考え方もあります。なぜなら、夫も妻も昼間はお互い仕事で忙しく「家にいる時間のほとんどは夜」ということがあるからです。北向きは、南向きよりも賃料が安くなりますから、その分広い部屋にすることもできます。

ページトップへ