賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

失敗しない新婚世代の家電・家具選び



人生の新たなスタートとなる結婚生活、せっかくならお気に入りの家具や家電に囲まれて、楽しく過ごしたいものです。家具や家電はできるだけ長く使うものですから、「あっちにすれば良かった」などと後悔したくありません。新婚生活をスタートするにあたっての、家具選び・家電選びのポイントを紹介しましょう。

家電選びのポイント

家電選びのポイント

まずは必要なものをリストアップします。

夫か妻かが1人暮らしをしているなら、結婚後もそのまま使える家電もあるでしょうから、使い続けるもの、新たに購入するもので分けて考えます。特に冷蔵庫や炊飯器は、1人暮らしのサイズでは小さ過ぎる場合もありますから、どのくらいの容量かも確認するようにしましょう。

共働きの予定なら、家事負担を減らせる時短家電があると便利です。例えば部屋の掃除をしてくれる「お掃除ロボット」があります。出勤前にスイッチを入れておけば、自動で床のゴミ・ホコリを吸い取り、帰宅時にはキレイになっています。また、食事の後片付けが楽になる食器洗い乾燥機も、主婦にとっては非常に助かります。

次に、どこにどのように配置するかを考えます。特に冷蔵庫や洗濯機は要注意です。キッチンのサイズに対して大きすぎる冷蔵庫だと、逆に使い勝手が悪くなってしまいます。洗濯機は、床に設置された防水パンに収まらないと設置できません。新居を決めたら、サイズやコンセントの場所を確認しておきましょう。

家具選びのポイント

家具選びのポイント

どんな部屋にしたいか、色・雰囲気などのイメージを固めておきます。インテリアショップで実際に見ながらイメージを固めるのも良いですが、ショップは天井が高く広々としているので、実際に部屋に家具を入れてみたら「ちょっとイメージと違う」という場合もあります。部屋の大きさを確認したうえで、家具を選ぶようにしましょう。

キッチンの家具
ダイニングテーブルは2人掛け用でも良いですが、来客があったときのことを考えると4人掛けがベターと言えるでしょう。ダイニングが狭いようなら伸縮可能なテーブルもオススメです。また食器棚は調理しやすいよう導線を考えて配置を決めたいものです。冷蔵庫や電子レンジなどの家電のサイズも考えて購入するようにしましょう。
リビングの家具
リビングの主役となるソファは、派手すぎたり大きすぎたりすると主張が強すぎて意外と圧迫感を感じてしまうものです。部屋のサイズ、天井の高さも踏まえてシンプルなものを選ぶと良いでしょう。できれば実際に座り心地を確かめられると安心です。
寝室の家具
1日の疲れを取るベッドも、ソファと同じく実際に寝心地を確かめておくと後悔がありません。2人ならサイズはダブルベッドがオススメですが、シングルベッドを2つ並べられる広さがあるなら、お互いの睡眠の邪魔をすることも少ないでしょう。
カーテン、カーペット
部屋の色味の大部分を占めるカーテンやカーペットで、部屋の雰囲気が大きく変わるため、家具の色を考えて選ぶようにします。カーテンは部屋によってサイズが違いますから、必ずサイズを測ってから購入をするようにしましょう。カーペットは、防水加工、防臭加工など様々な加工が施されているものも多いので、ダイニングなら防水、寝室なら防臭など、その部屋に最適なタイプを選ぶと良いでしょう。
ページトップへ