賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

東京都下 中央線エリア



井の頭公園をはじめとする緑豊かな大規模公園が多くある他、東京学芸大学一橋大学首都大学東京など、有名大学のキャンパスが点在しています。国分寺駅では再開発事業が始まっています。八王子市は2015年4月に中核都市への移行を予定しているなど、今後もさらに魅力的な街へ変貌をとげようとしています。

子育て支援策などについて

子育て支援策などについて

東京都下中央線エリア(武蔵野市、三鷹市、小金井市、国分寺市、国立市、日野市、立川市、八王子市)における子育て支援策について紹介します。

武蔵野市
子供を認可外保育施設に預けている場合、助成金を受け取ることが可能です。所得税額35万円未満の場合、3~5歳児1人につき2万円が支払われます。また保育園では「プレママのひろば」が行なわれ、育児への不安が少なくなるよう、0歳児の様子を見学できたり、情報交換ができます。
三鷹市
就学前の双子や三つ子の保護者、もしくは妊婦が集う交流会を年4回開催しています。プレママも参加でき、出産前の不安解消に役立ちます。また市内12の保育園では、電話での保育相談も実施中で、悩みがあるときは、保育のプロに無料で相談できます。
小金井市
産後の育児支援として、ヘルパー派遣を実施しています。食事の準備や子育ての手伝いなど、1時間1,000円で利用できます。また子供家庭支援センター「ゆりかご」では育児教室や交流広場などを開催しながら、子育て相談、心の相談などにも応じています。
国分寺市
保育所に通所していない子供が保護者と一緒に保育園行事に参加できる地域交流行事があります。また子供野外事業として、市内4つの公園でスタッフの指導のもと、木工作や針金工作、落ち葉遊び、火を使ったビー玉焼きなど様々な遊びが行なわれています。
国立市
0~2歳未満の乳幼児と保護者を対照にした情報交換の場「かるがも」を月1回開催し、ベビーマッサージの指導も毎回行なっています。また市内3ヵ所の児童館では2歳以上の幼児を対象に季節のイベントや工作などの遊びを展開中です。
日野市
駅前ミニ子育て応援施設「モグモグ」は、昼間は子供も一緒に利用できるカフェで、夕方から夜9時までは、学童クラブ終了後の子供が利用できる施設です。夜は料金別途で夕食も食べることができます。また認証保育所、家庭福祉員に子供の保育をお願いしている場合、児童1人につき月18,000円の助成があります。
立川市
廃校になった小学校を子供たちが楽しみ学べる「たまがわ・みらいパーク」として活用しています。子供からお年寄りまで利用が可能で、乳幼児の遊び場や、自分たちで道具を作って遊ぶ「プレーパーク」、囲碁や将棋を楽しめる部屋など、様々なプログラムが準備されています。
八王子市
子供家庭支援センターで行なっている子育て相談では、週替わりで医師・歯科医師・薬剤師・栄養士が無料で相談を受け付けています。また、子供が楽しめるイベントも多数開催しています。

生活環境について

生活環境について

東京都下中央線エリア(武蔵野市、三鷹市、小金井市、国分寺市、国立市、日野市、立川市、八王子市)それぞれの生活環境について紹介します。

武蔵野市
住みたい街ランキングの上位に入る吉祥寺駅があります。乳幼児が遊べる施設「0123はらっぱ」や、小中学生が楽しみながら学べる「土曜学校」など、子育て支援も多彩です。市内5ヵ所には防災広場が設けられ、トイレになるベンチや、地下水、ソーラー灯、消防ポンプや釜などが設置されています。
三鷹市
井の頭公園や、三鷹の森ジブリ美術館、国立天文台など有名スポットが多く存在します。文学の街としても有名で、太宰治、武者小路実篤など三鷹にゆかりのある作家が多く、文学碑もあります。子育て情報満載の「みたか子育てネット」や、子供向けサイト「みたかキッズ」も便利です。
小金井市
小金井市には東京学芸大学や、法政大学東京農工大学などの大学・研究施設があり、文教都市のイメージが強い街です。武蔵野公園野川公園、小金井公園など緑も多く、市民の憩いの場として親しまれています。
国分寺市
「健康で文化的な都市として、より豊かでより暮らしやすいまち」を目指し、国分寺駅の北口では再開発事業を行なっています。物販や飲食店、マンションなど、2つのビルを建設中で、西側は33階建て、東側は31階建てのランドマークタワーになる予定です。
国立市
国立市は全国で4番目に面積の小さな市で、一橋大学や東京女子体育大学などがある文教都市でもあります。国立市のメインストリートである大学通りは、春にはたおやかな桜、秋には黄金色のイチョウで彩られ、新東京百景にも選ばれた美しい街並みが楽しめます。
日野市
東京都のほぼ中心に位置する日野市は、豊かな水資源を生かし、農業を中心に栄えてきました。現在も用水路が市内全域を流れており、高度成長期には汚れてしまった水の再生も進められ、現在では憩いの場として多くの市民に親しまれています。
立川市
新宿駅から25分程なので都心へのアクセスが便利です。2014年春には都内では初となる「IKEA」がオープンし、2015年には「ららぽーと」もオープン予定であり、大規模ショッピングセンター進出が続々と計画されています。
八王子市
23区を除く東京の市町村では最大の人口を誇ります。より魅力ある街づくりを目指し2015年4月には東京都初の中核都市への移行を予定しています。首都大学東京や帝京大学中央大学など20以上の大学がある学園都市である一方で、高尾山のような豊かな自然も残された、活力ある街です。
ページトップへ