賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

東京都下 西武線エリア



都内で唯一「平成の水百選」に選ばれた川のある東久留米市や、「となりのトトロ」のモデルになったとされる八国山のある東村山市など、豊かな自然を背景に都心のベッドタウンとして発展してきました。四季折々の自然に親しみながら、のんびりと子育てができるエリアだと言えるでしょう。子育て広場や児童館でのイベント開催など、乳幼児から高校生までの子育て支援も充実しています。

子育て支援策などについて

子育て支援策などについて

東京都下西武線エリア(西東京市、東久留米市、小平市、清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市)における子育て支援策について紹介します。

西東京市
3歳までに乳幼児が遊べる子育てひろばの他、5つの公立保育園に地域子育て支援セーターがあり、子育て相談などを行なっています。また児童館は13施設あり、0~18歳までを対象に、様々なイベントを実施しており、クッキングや工作、合同キャンプなどもあります。
東久留米市
子供家庭支援センターでは1歳未満の同じような月例の子供が集まる「わくわく赤ちゃん広場」を開催しています。ママ友づくりができる他、助産師さんも来るので育児の不安について相談できます。また手作りの布おもちゃが作れる講習会も開催しています。
小平市
市内6ヵ所にある「子供広場」は、乳幼児から中学生まで利用できる場所です。子育て相談や親同士の交流もできるので、新米ママはぜひ利用したいものです。また2013年には市内3ヵ所目の児童館が新たに誕生し、子供たちの遊び場が増えました。
清瀬市
児童センター「ころぽっくる」では、0~18歳の子供たちに対して、成長に応じたサポートができるよう様々な事業を展開しています。乳幼児はプラレール遊びや手遊び、小学生は手作りおもちゃ作り、中高生には音楽練習スタジオの貸し出しなどを行なっています。
東村山市
子育て情報ナビ「ころころネット」が2013年に開設され、子育てに関する情報がより検索しやすくなりました。また未就学児が遊べる、子育て総合支援センターでは様々なイベントを開催し、子育てサークルの支援も行なっています。
東大和市
乳幼児から中学生までを対象に、東大和市食育ガイドラインを作成しています。成長の時期に合わせた到達目標や具体的な取り組みが明記されているので、家庭での食育にも役立ちます。また子供家庭支援センターの担当保育士が児童館で育児アドバイスを行なう「出張かるがもひろば」もあります。
武蔵村山市
「土曜日チャレンジ学校」として、自然と触れ合えるコース、料理や手話を学べるコースなど様々な教室を市内各所で開催しています。また、市内6ヵ所の児童館では、ゲームやボール遊び、一輪車やローラースケートなどで遊ぶことができる他、イベントなども定期的に行なっています。

生活環境について

生活環境について

東京都下西武線エリア(西東京市、東久留米市、小平市、清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市)の生活環境について紹介します。

西東京市
西東京市は主要幹線道路が横断し、2路線の鉄道が走るなど都心のベッドタウンとして発展してきました。都市部にありながら、市の面積の1割が農地で、キャベツやレタス、きゅうりに白菜、なしやブドウ、キウイなど様々な野菜・果物が作られています。
東久留米市
地下水が豊富で、市内には数ヵ所の湧き水があります。東京都で唯一、「平成の名水百選」にも選ばれた「落合川と南沢湧水群」では、美しい水・自然を楽しむことができます。また落合川の「いこいの水辺」は浅瀬で流れもゆるやかなため、子供の水遊びも可能です。
小平市
玉川上水の散策路をはじめ、自転車と歩行者専用の遊歩道がある狭山・境緑道など、四季の美しさを感じながら自然に親しめる街です。農業も盛んで、庭先や畑で新鮮な野菜を直売している農家も多く、JA東京むさし小平支店では農産物共同直売も行なっています。
清瀬市
市内最大の都市公園「清瀬金山緑地公園」は、武蔵野の自然を体感できるスポットです。水辺では蛍の養殖も行なわれる他、野鳥の観察もできます。また市内の南部は、大規模な病院が多く集まっており、"医療の街"としても知られています。
東村山市
名作「となりのトトロ」のモデルになったとも言われる八国山や、初夏には10万本の花菖蒲が咲き乱れる北山公園など、豊かな自然が魅力です。市内には9つの駅があり、都心へのアクセスも便利です。
東大和市
都心のベッドタウンとして、現在も人口が増え続けている東大和市のスローガンは「人と自然が調和した生活文化都市」です。都民の水がめである多摩湖周辺には豊かな自然が広がり、四季を通じて美しい景観を楽しむことができます。
武蔵村山市
東京都内では最大規模となるイオンモールむさし村山シネコンが併設された、便利なショッピングスポットです。約4,000台の駐車場があります。また市内は循環バスの他、南西地域では乗合タクシーの実証実験を行なっており、より使いやすい公共交通の導入を目指しています。
ページトップへ