賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

東京都下 青梅・五日市線エリア



バーベキュー場やキャンプ場など人気のアウトドアスポットも多い、豊かな自然が魅力のエリアです。地下水を水源とし水道料金も安い昭島市や、街全体でエコ活動に力を入れている青梅市など、自然と調和した街づくりが行なわれています。子育て支援も充実しており、特に福生市では子供の医療費助成が所得制限なしで受けられるなど、ファミリー世帯には魅力的なサービスが多くあります。

子育て支援策などについて

子育て支援策などについて

東京都下青梅・五日市線エリア(昭島市、福生市、羽村市、青梅市、あきる野市)における子育て支援策について紹介します。

昭島市
子供家庭支援センターでは、地域の子育てグループの支援も行なっています。ベビーマッサージや、英会話、リトミック、食育など様々なサークルがあり、ママ友づくりにもぴったりです。また「子育てひろば」や「つどいのひろば」など交流の場も多くあります。
福生市
保育施設や児童館など子供が利用できる施設が多く、学童クラブは待機児童ゼロです。中学生以下の子供がいる家庭は、保護者の所得制限なしで子供の医療費助成が受けられる他、市内の協賛店で割引などが受けられる「ふっさ子育てまるとくカード」も利用できます。
羽村市
子育てのこと、幼稚園や保育園のこと、育児サークルの情報交換など、ママ同士の交流ができる「おしゃべり場」を月1回児童館で開催しています。子育てボランティアがいるので、気軽におしゃべりが楽しめます。また市内34ヵ所には授乳やおむつ替えができる「あかちゃん休憩室」があります。
青梅市
「おうめ子育てねっと」には、地域の子育て情報が満載です。子育てサークルの紹介や、親子同士の交流ができる子育て支援センターの紹介などがあり便利です。市民センターや市民会館などを利用した子育て支援事業もあり、体育館でのびのびと遊ぶことができます。
あきる野市
子供家庭支援センターでは、様々なテーマを設定した子育て講座を年間を通じて開催しています。「ベビーマッサージ」「楽器で遊ぼう」「親子でヨガ」「リズムdeあそぼう!」など親と子が一緒に楽しめる内容になっています。

生活環境について

生活環境について

東京都下青梅・五日市線エリア(昭島市、福生市、羽村市、青梅市、あきる野市)それぞれの生活環境について紹介します。

昭島市
東京都の市区町村で唯一、地下水のみを水源としています。地下70mからくみ上げられた深層地下水は非常においしく、水道料金も安く抑えられています。市内北部には国営昭和記念公園があり、首都圏最大級のプールがあるなど、レジャーも充実しています。
福生市
人口減少に伴い、子育て支援の充実を図っています。ボランティアが学校の講師となり、校内環境の整備を行なうなど、地域ぐるみで子供を育む制度づくりを推進しています。また学力アップを目指し、小・中学校が連携した教育の取り組みも行なわれています。
羽村市
1991年に市制化した羽村市は東京都の市では最も人口の少ない街です。動物とふれあえる羽村市動物公園や、全長45mのウォータースライダーがある水上公園など、リーズナブルに楽しめるレジャー施設があります。
青梅市
毎年2月に行なわれる青梅マラソンの開催地として知られます。ごみ・エコ活動が盛んで、1日1人あたり100gのごみ減量をめざす事業や、みどりのカーテンコンテストなどが行なわれている他、ポイ捨て・飼い犬の糞の放置・歩行喫煙を禁止する条例が制定されました。
あきる野市
市内には、多摩川の中でも最大の支流と言われる秋川が流れ、その周辺にはハイキングコースが充実しています。川沿いにはバーベキュー場やキャンプ場があり、気軽にアウトドアが楽しめます。「瀬音の湯」という温泉施設もあり、あきる野市民は平日入浴料が割引になります。
ページトップへ