賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

神奈川県 相模原市



相模原市は東京都や横浜市へのアクセスが良いことから人気の高いエリアで、交通の利便性を生かし工業や商業が発展しています。また森林や湖といった緑にも恵まれ、四季折々の自然を楽しめる木もれびの森の散策路は市民の憩いの場として愛されています。他にも、上大島キャンプ場や相模原清流の里などといった自然と触れ合える場所が市内に数多くあります。

子育て支援策などについて

子育て支援策などについて

神奈川県相模原市は、緑区、中央区、南区に分かれていますが、主な子育て支援策に関しては、市が一括して行なっています。

妊娠中あるいは18歳未満の子供がいる子育て家庭が暮らしやすい環境作りを目指して「相模原市子育て応援店事業」を実施しています。目印となるステッカーが貼ってある協賛店での授乳、おむつ交換スペースの提供や、商品料金の割引、ベビーカーの貸し出しなど様々なサービスを受けることができ、ママたちから好評を得ています。また親子で参加できる「コミュニティ保育」は週1回以上活動するなど、ママ友と交流しながら保育について学ぶことができます。さらに子育て教室ではアレルギー疾患への対策を学ぶ「アレルギー疾患講習会」や子供の発達に合った食事について学ぶ「離乳食教室」など子供の成長に合わせた教室が開かれています。さらに中高生が赤ちゃんについて学ぶことができる「赤ちゃんとふれあい体験教室」など様々な教室を開いています。

各区の子育て支援施設

緑区・大島こどもセンター他

中央区・向陽こどもセンター他

南区・大野南こどもセンター他

生活環境について

生活環境について

緑区、中央区、南区それぞれの生活環境について紹介します。

緑区
3区の中で1番面積が大きく市の約77%を占めており、横浜方面へつながる国道16号やJR横浜線、相模原線などが走り交通アクセスの良い地域です。区の西部は相模湖や県立陣馬相模湖自然公園など、区の名前の通り緑にも恵まれた地域です。
中央区
市役所税務署、商業施設などが集まっており相模原市の中心地として栄えています。宮下地区や小山地区などは工業団地として発展しています。また保育所、幼稚園数が多いことから親子サロンなどの数も充実しています。
南区
市の南部にあり東京都町田市に隣接する南区は、3区のなかで人口、1万人辺りの公園、病院数が最も多い街です。相模女子大学女子美術大学をはじめ多くの大学、高校があり文教の街としての一面も持っています。
ページトップへ