賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

埼玉県 南部



埼玉県南部地域は東京都と隣接しており都心から10~20km圏に位置しています。都内へは電車で30~40分程度と通勤にも便利なため、ベッドタウンとしての人気が高いと言えます。都心に近い一方、県立安行武南自然公園(川口市、さいたま市)に見られるような自然が多く残っており、季節ごとに変わる風景を楽しむことができます。また、行政の子育てに関するサポートも充実しているので、子供を持つ、またはこれから持つ予定の家族には条件の良い地域と言えるでしょう。

子育て支援策などについて

子育て支援策などについて

埼玉県南部(川口市、蕨市、戸田市、和光市、朝霞市、新座市)における子育て支援策について紹介します。

川口市
市内38ヵ所で保育士を配置した「おやこの遊びひろば」を開催しています。すべり台やおもちゃなど乳幼児に適した安全な遊具を使って、親子で自由に遊べます。また、子育て相談や保護者同士の情報交換の場としても利用可能です。
蕨市
はじめての子育てで8~10ヵ月の第一子を持つ保護者を対象に、「食事と遊びの教室」を行なっています。離乳食の進め方を中心に、日ごろの遊びについても学びます。
戸田市
0歳(首がすわっていること)~3歳までの子供と保護者を対象に、「とだ子育てサロン」を月1回開催しています。乳幼児の保護者が5人程度のグループに分かれ、コーディネーターを中心に日々の子育ての話をする場です。
和光市
子育て支援事業の一環として0~3歳児を対象としたサークルを実施しています。手遊びや歌、簡単なおもちゃ作りなどを通して親子のふれあい、幼児の友だちづくり、同年代の子を持つ親同士の交流を目的としています。
朝霞市
双子以上で生まれた子供を持つ保護者を対象とした子育てサロン「ぴーなっつ(多胎児のつどい)」を開催しています。多胎で生まれた子供ならではの育児の大変さや楽しさ、工夫点などをみんなで話して交流を深めています。
新座市
妊娠16週から35週までの初めて出産する保護者を対象にした「パパママ学級」を開催しています。お産の経過はもちろん、妊婦の健康や産後の生活、育児について学んだり、保護者同士が交流することを目的としています。

生活環境について

生活環境について

埼玉県南部(川口市、蕨市、戸田市、和光市、朝霞市、新座市)それぞれの生活環境について紹介します。

川口市
荒川の北側に接し埼玉県で2番目に人口の多い川口市は高層マンションが多く東京都のベッドタウンとして機能しています。また南西部には市役所とはじめ川口駅などがあり周辺は「そごう川口」など商業施設が集積しています。
蕨市
全国の市の中で最も面積が小さく人口密度が高いエリアです。犯罪のないまちを目指して、市民団体が自主的に防犯活動を行なっています。徒歩でのパトロール活動や下校時に合わせた子供の見守り活動を定期的に行なっており、地域の安心・安全に貢献しています。
戸田市
市内には、総合運動場や体育館や戸田市スポーツセンターなど、数多くのスポーツ施設があります。スポーツ教室やスポーツ団体による各種活動も盛んに行なわれており、多くの市民がスポーツやレクリエーションを楽しんでいます。
和光市
広さ約20ヘクタールの敷地に約5,000本もの木が植えられている「和光樹林公園」があります。林を縫うように約1kmのジョギングコースが2コース整備されており、毎朝の散歩や日中の森林浴にも最適です。
朝霞市
さいたま市、東京都練馬区に隣接する朝霞市では、犯罪等のない明るい社会の実現に向けた取り組みを行なっています。「みんなでつくろう安心の街」を合言葉に、地域の人たちが警察をはじめ関係行政機関と連携し活動しています。
新座市
「妙音沢(みょうおんざわ)緑地」には、平成の名水百選に選ばれた湧水が絶え間なく流れています。また、春先には東京近郊では珍しい山野草が花を咲かせます。木道も整備されており、快適な湧水地を望む散策を楽しむことができます。
ページトップへ