賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

広島市



広島市は中区を中心にオフィス街や繁華街が集まっており、公共交通機関はこのエリアを中心に放射状に広がっています。広島駅を中心に交通網が広がっており、市内各地域のみならず県内外への移動もスムーズです。また市内の中心部にある広島平和記念公園には原子爆弾が投下された当時の資料が多く残されており、毎年国内外から多くの観光客が訪れます。

子育て支援策について

子育て支援策について

佐伯区、安佐南区、安佐北区、安芸区、中区、南区、西区、東区における子育て支援策について紹介します。

佐伯区
子供の成長や発達、かかわり方について悩みを抱えるママたちのために保健師が個別で育児相談に乗ってくれる「健康相談室」を実施しています。相談と一緒に子供の身長、体重測定も実施しているのでママたちに好評です。
安佐南区
子供たちがのびのびと自由に遊べるように、公民館や児童館などの広い場所をオープンスペースとして開放しています。誰でも気軽に参加できるのでママ友作りの場としても利用されています。
安佐北区
自然豊かな寺山公園で「てらやまプレーパーク」を毎週3回程度開催しています。子供たちが楽しく安全に遊べる道具や遊具の提供を行なっています。毎回多くの子供たちが参加しているので交流の場になっています。
安芸区
未就学園児を育てている保護者を対象に保育園、幼稚園が子育て支援を行なっています。育児講座や園庭の開放、離乳食試食会など園によって様々な体験ができます。
中区
出産前のママパパを対象にした「ママパパ育児スクール」を実施しています。助産師や先輩パパから子育てに関するアドバイスを聞くことができます。また出産後は「つどいの広場げんキッズ」や「ファミリーサポートセンター」などの支援が行なわれています。
南区
南区役所では常設型オープンスペースを設け、親子で一緒に遊べる場所の提供をしています。保育士による子育て教室の実施や、スタッフによる手作りおもちゃ作成教室を開くなど、新米ママのためになる支援と言えます。
西区
離乳食を迎える子供を持つ保護者を対象にした離乳食講座を実施しています。子供の成長に合わせ4ヵ月以降と9ヵ月以降の2回に分けて開催しており、第1子を育てるママにも分かりやすい講座です。
東区
子育て交流広場「ぽっぽひがし」を開催しています。栄養士や助産師による相談受付や「お父さんと遊ぼうデー」など毎月たくさんのイベントを行なっています。妊婦から子育て家族まで気軽に参加することができます。

生活環境について

生活環境について

佐伯区、安佐南区、安佐北区、安芸区、中区、南区、西区、東区それぞれの生活環境について紹介します。

佐伯区
市の西部にある佐伯区はJR山陽本線が通りJR広島駅までのアクセスも良く、住宅地が多くあります。酪農が盛んに行なわれており、牛乳などが特産品として有名な地域です。
安佐南区
8区の中で最も人口が多く区内は、住宅地が数多くあります。そのため保育園、幼稚園、大学など数多くの学校があり文教地区としての一面も持っています。また川村地区などは農地が広がっており特産の広島菜などの栽培が行なわれています。
安佐北区
自然に恵まれた安佐北区は市内で1番面積が大きく、白木山をはじめ多くの高山があります。広大な自然を生かした広島市安佐動物公園は市民の憩いの場として親しまれています。
安芸区
市の東部に位置する安芸区は閑静な住宅団地が広がっており、区の大部分が山林と農地で占められています。船越地区周辺には多くの住民が暮らしているため区の中で最も人口密度が高い地域となっています。
中区
市役所や官庁など市の中心部として栄える中区には、平和記念公園、原爆ドームの他多くの史跡が残されています。多くの観光客が訪れることから昼間人口が夜間人口を大きく上回っているエリアです。
南区
中国四国地方で乗車人数1位を誇るJR広島駅や海の玄関口、広島港があり毎日多くの人で賑わっています。その一方で、比治山をはじめ黄金山などの豊かな自然環境や、6つの島を有するのも特徴のひとつです。
西区
中国地方最大の複合商業施設アルパークがあり県外からも多くの人が訪れる一方で、太田放水路河川敷や竜王公園など多くの緑にも恵まれたエリアです。豊かな自然環境を生かしたイベントの開催などが盛んに行なわれています。
東区
山陽自動車広島東ICが北東部にあることや、JR広島駅に隣接していることから交通の利便性が高い地域です。区の半分を住宅地が占めていますが、北東部は広島市森林公園、広島県緑地化センターなどがあり自然を身近に感じることができる地域です。
ページトップへ