賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

50代から始める賃貸での田舎暮らし計画



老後を静かな田舎で暮らしたいと考えている人が増えています。長いサラリーマン生活から開放されて、のんびりと自然の中で過ごすことは誰もが憧れるスローライフなのかもしれません。ここでは、50代から始める田舎暮らし計画の流れと、賃貸で田舎暮らしを始めるメリットを紹介します。

まずは、何がしたいかを考える

まずは、何がしたいかを考える

ひと口に「田舎暮らし」と言っても、「田舎で農業をして暮らしたい」「陶芸を趣味にして暮らしたい」「とにかく山奥でゆっくり暮らしたい」など、そのスタイルは様々ではないでしょうか。「自分が田舎で何をしたいか」がはっきり決まっている方は、そのイメージで田舎暮らし計画を進めていくことが可能でしょう。しかし、「何となく田舎暮らしをしてみたい」と思っている状態の方は、注意が必要です。明確な目標がない"憧れだけの田舎暮らし"では、お金の問題や自然の厳しさなど、田舎暮らしの現実に直面した際に断念してしまう可能性が高くなってしまいます。ですから、まずは田舎暮らしを提案する書籍やホームページなどで情報収集をしながら、しっかりと目標を定めることが大切と言えるでしょう。

田舎暮らしを始めるための時期について

田舎暮らしを始めるための時期について

田舎暮らしの目標が定まれば、次は田舎暮らしを始める時期を決めることになります。現在置かれている立場や仕事、お金の状況にもよりますが、まずはご家族との相談が必要になるでしょう。奥様は田舎暮らしを賛成してくれているか、お子さんがいる場合はいっしょに田舎へ引越すことが可能なのかなど、しっかりと相談をしてご家族の同意が得られるようにしましょう。「早く田舎暮らしを始めたい!」という思いが先走って決断を急いでしまうと後々失敗するリスクがありますので、くれぐれも冷静な判断を心がけましょう。

田舎暮らしを賃貸で始めるメリット

田舎暮らしを賃貸で始めるメリット

田舎暮らしを始めるなら、物件を購入する場合もありますが、賃貸物件で始める田舎暮らしにも多くのメリットがあります。

まずは、低予算で田舎暮らしをスタートできる点です。50代を超えてからの住宅ローンは難しいため物件購入には相当な資金力が必要になりますが、賃貸物件であれば敷金・礼金・引越費用などを捻出できればひとまず田舎暮らしを始められますし、移住後の生活資金にも余裕を持たせることができます。

次に、田舎暮らしを期間限定にできる点です。近所付き合いを含め田舎暮らしを継続できるか不安に思っている方や、将来、体調面で何かあった場合、もとの場所に戻ることを想定されている方でも安心と言えるでしょう。また、いろんな田舎で暮らしてみたいという方にもオススメできます。ですから、賃貸で始める田舎暮らしを選択肢のひとつにして検討するようにしましょう。

ページトップへ