賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

田舎暮らしのスタイルを検討する



田舎暮らしというと「移住する」ことが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、他にも方法はあります。賃貸で田舎暮らしをスタートさせる場合、現在の住居は残したまま長期で田舎暮らしをする、または、別荘のように週末だけ田舎暮らしをすることも検討しやすくなります。自分のライフスタイルに合わせて居住のスタイルを選びましょう。

完全な移住スタイル

完全な移住スタイル

現在の生活をすべて田舎に移すスタイルです。「農業をしながら静かに暮らしたい」など目的にマッチしているのはもちろん、安生の地にしたいと思う場所が見つかった場合は「完全な移住スタイル」となるでしょう。

賃貸暮らしには、毎月の家賃がかかってきます。十分な蓄えがあったり田舎での起業計画などがある場合は問題ありませんが、それ以外の場合は新たに仕事を探すことになるでしょう。しかし、50代を超えてからの田舎での就職は難しいことや、都会程の収入は得られないことを念頭におくことが大切です。また、過疎化が進む場所では、自治体が移住支援制度を行なっている場合もあるので、利用するのもひとつの手です。

住み分けスタイル

住み分けスタイル

現在の住居は残しつつ、ある一定の期間を決めて田舎で暮らすスタイルです。いきなり移住するのは少し不安があるものの、ある程度長期で田舎暮らしを体験したい人は「住み分けスタイル」になるでしょう。例えばリゾート地が近くにあり春や夏は過ごしやすくても、冬は豪雪地帯となって暮らしにくくなる場合などに適していると言えます。ある一定期間を田舎で暮らしてみて、地元住民の方とのお付き合いや、自然環境に慣れてくれば、次のステップとして「完全な移住スタイル」を考えても良いでしょう。

週末スタイル

週末スタイル

平日は都会の暮らしを続けながら、週末だけ田舎暮らしをするスタイルです。一番気軽なスタイルだと言えるので、田舎暮らしに対する不安が残っている方にオススメです。週末だけの田舎暮らしをしている間に、新たな趣味や目的を発見できたり、逆にその土地の自然環境や風土などが自分には合っていないと判断できるはずです。そのまま賃貸物件を別荘のように活用しても良いですし、次のステップに向け「住み分けスタイル」や「完全な移住スタイル」の足がかりにすることも可能です。

田舎暮らしを始める際に物件を購入する場合は、必要資金も高く「完全な移住スタイル」がメインとなりますが、賃貸物件で田舎暮らしをスタートさせる場合は、必要資金も抑えられ様々なスタイルを検討しやすくなります。せっかくの田舎暮らしを成功させるためにも、選択肢は多く持っておくことが大切になるでしょう。

ページトップへ